【猫動画*お風呂編】お風呂は嫌がる?暴れる?どう慣らす・・いい入れ方はある?

猫 かわいい お風呂 動画

入浴が好きな猫もいる!?お風呂に一緒に入る猫動画。

お風呂に入るのが平気な猫ちゃん、

むしろ、お風呂好き!な猫ちゃん。

世間にはどうやらいるらしいと聞いているけれど、

うちで飼っていた猫は、みんなお風呂は嫌いでした。汗

これは飼い主との信頼関係なのか?

いやいや、信頼関係があっても、苦手なものは苦手だよね?




この動画見て驚愕!

なんと猫自ら湯船に入って、そっからお湯をはっていっても、おとなしくしてる!

ほんと驚きです。

驚き桃の木山椒の木。

それくらいおどろき!

猫を洗うのに苦労したことがある人は、世界中にいると思うので、

共感してくれる人は多いはず!

(ていうか、ハチワレ猫ちゃんってかわいいよね~)

この子もおとなしいーー!!

いいなぁ。

猫とお風呂に入るのは、夢のひとつです。笑

ほんと、「夢のひとつ」に上げられるくらい、私の人生では起こらなかったことですね。

(みんな軒並み嫌がってたもんな)

それにしても、この子猫ちゃん、表情が人間みたいですね!

まるで人間の子供のような印象。

何か言いたげな、ゆるめの口元がポイントかな?

とってもかわいい!




やっぱり猫の大半はお風呂が嫌い。暴れる、叫ぶ・・・

ここまでは気持ちよ~くお風呂に入ってくれる猫ちゃんでしたが、

お次はお風呂で鳴き叫ぶ猫ちゃん。

いやぁ、ひっかき傷が痛そうです!

お風呂に入れる前に、念のため爪は切っておいた方がよいですね。

猫ちゃん、水から逃れようと必死になりますからね。

わかるわ~

さて、もうひとつ。

こっちの方が暴れっぷりはすごく見えますね!

衣装ケースを猫用湯船?として活用しているのは良いですね。

シャンプーもこのお湯に溶かしちゃっている模様。

シャワー派と分かれそうなところですね。




猫の先祖は砂漠にいたらしい

猫がお風呂(水が体にかかること)を嫌うのは、

猫の先祖が元々は砂漠にいたからだと言われています。

体が濡れることによって、体温を奪われることが死活問題だったということです。

基本的に、猫をお風呂に入れる必要はないです。

自分でなめて毛づくろいしているだけでも、毛並みはキレイですしね。

もちろん、外に行ってドロドロになったとか、

良からぬものが毛についたとか、

そういう時は洗った方がいいと思いますが!

うちでは昔、ハエ取り紙(強烈なガムテープみたいなもの)が

猫の体について、はがれなくなったことがあります。

あとは、野生のイタチと格闘してくさいニオイがついた・・・とか

この例はかなりワイルドですが、そういう時は洗いましょう!笑




猫専用のシャンプーを使いましょう

その際、シャンプーは人間用ではなく、猫用のものを使いましょう。

人間用のものは油分を取りすぎて、逆効果になってしまいます。

猫用シャンプーって昔は種類が少なかったのですが、

今は種類もたくさん出ていて、選ぶのも楽しいですね。

また、猫が嫌がってストレスになるようなら、

お風呂に入れるよりも、ペット用のウェットシートを使うのがいいかもしれません。

猫はドライヤーも怖がる?威嚇するのもかわいい猫動画。

そして、シャンプーしたらドライヤー!

ドライヤーも大きな音が出るので、逃げていく猫ちゃんが多い印象。

これは、水と違って、慣れかもしれないですね。

掃除機も同じく大きな音ですが、

乗っちゃう子もいれば、戦う子もいますから・・・

(またその動画も取り上げたいです)

この、ドライヤーと戦う猫ちゃんがまた・・・かわいい!

ドライヤー本体じゃなくて、風と戦うんだね。

猫パンチがスカスカで、かわいいわ。

何か捕まえられると思っているのかしら。

なかなかないパターンの戦い方で、おもしろい!




こちらは、ドライヤー全然大丈夫な猫ちゃん。

愛くるしいですねぇ。エレガントさんだわ・・・

うちの猫もいつかこんな風になってほしいです。笑

いや、今のままでもじゅうぶんかわいいですけどね!!

さて、お風呂に入るかわいい猫たち、いかがだったでしょうか?

ドライヤー猫はまたひとつの記事にしたいなと思います。

お楽しみに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする