猫砂の種類一覧<固まる砂編>

猫を飼うにあたって絶対に必要なのがトイレの猫砂!
いまやたくさんの種類が出ています。

固まる砂系とシステムトイレ系に分かれますが、今回は固まる砂系のものをご紹介します。

いったいどんな特徴があるのか調べてみましたので、ご参考になれば幸いです。

猫砂 種類 一覧 固まる

猫砂とは

猫砂というのは、室内の猫のトイレに使う砂です。

猫の習性として、砂を掘って用を足し、またそれを砂をかけて隠します。
外で暮らしている猫なら、それは自分の縄ばりを主張する手段にもなります。

家猫は、おしっこで縄張りを主張する必要は有りませんので、用意されたトイレでします。
猫は賢いので、一度覚えたらちゃんと同じ場所で用を足すようになります。




固まる砂

昔からの定番は、おしっこをした箇所の砂が固まって、それをスコップですくって処理するタイプ。

ウンチはコロっとした水分少なめのものなら砂はつきません。

おしっこ、ウンチ共に、毎日きれいに取ってあげる処理が必要です。

鉱物系の猫砂

LION ニオイをとる砂

この猫のイラスト、猫を飼っている方なら一度は見たことがありますよね?
LIONから出ている「ニオイをとる砂」

鉱物系でがっちり固まりますし、使い勝手はよいです。
鉱物系は「ベントナイト」という成分が使われており、砂を激しくかける子の場合は粉じんが上がるのが気になる人もいるようです。

シリーズで、消臭成分が強化された「7歳以上のシニア用」、色んな香りがする「香り付き」もあります。

→Amazon →楽天

☆Amazonの口コミ
・2匹飼いなので一袋1週間くらいしか持ちませんが、固まりもまずまずで消臭効果もあるので気に入っています。
・先代猫からこの砂を使用しているので、かれこれ20年くらいは購入していると思います。とにかくガッチリ!!で、臭いも抑えてくれます。そして成形されているため、踏んでも痛くないところもポイント高いです。
・買うのも重い!!捨てるのも重い!!!とにかく重いの一言に尽きます。
・猫自身は気に入って使っていましたが、砂をかける時に舞い上がる粉塵を吸い込んで咳をすることが増えたので使用を断念しました。

→全文はこちらから

◎シニア用

→Amazon →楽天

◎リラックスグリーンの香り付き

→Amazon




紙製の猫砂

環境に配慮された商品が多いようです。
トイレに流せるものも多く、また重量が軽いので女性でも運びやすいです。

SmartBasic アイリスオーヤマ 紙の猫砂

再生パルプを使用した、環境に優しい猫砂。
粉だちしにくい。
粒の大きさは少し大きめ。

→Amazon →楽天

☆Amazonの口コミ
・再生紙利用は◎だが、健康のバロメータであるおしっこの色が判別しにくい。何故なら画像よりも色目がだいぶ濃いグレーだから。
・愛猫も嫌がることなく使ってくれました!砂の処理もしやすく、大満足です!
・トイレに流せないのと、おしっこした時の固まり具合が弱いのが少し難点ですが、臭いもしませんし、コスパがいいです。
・良かったところは、これまでの猫砂に比べ消臭効果がとても高いと感じた点です。困った点は、砂がとても飛散しやすく掃除をしてもしてもきりかない点です。

→全文はこちらから

アイリスオーヤマ 紙の猫砂(トイレに流せるタイプ)

固まるタイプの猫砂。
トイレに流したり、燃えるゴミに出すことができます。
再生パルプを使用しており、環境にやさしい。

→Amazon →楽天

☆Amazonの口コミ
・ベントナイト製の猫砂を使っていましたが、捨てるのに重すぎてほこりも立ちすぎるので、飼い主およびペットの呼吸器系への影響も考え最近は、こちらの商品を定期購入していますが、お安く買えて品質も良く大変助かっています。
・色々猫砂試した結果、粉塵が少ないのが気に入りこちらの商品を継続使用しています。ただ、1年位前に比べて固まり具合が弱くなったような気がします。
・よく固まるときと固まってないときとはあります。重いです硬めですしトイレに流すのはやめています。
・猫の足に付着してトイレの外にこぼれ出やすく,清掃等が面倒になってしまいました。

→全文はこちらから




木製の猫砂

常陸化工 トイレに流せる木製猫砂

木の粉を主原料とした固まって流せる木製猫砂です。
天然ひのき配合で消臭力に優れています。

大粒ペレットで散らかりにくい。
燃やせるゴミとして処理でき、水洗トイレにも流せます。

→Amazon →楽天

猫砂 種類 一覧 固まる

☆Amazonの口コミ
・1袋2.2Kgと驚くほど軽い。そしてしっかり固まる。ヒノキの香りが良い。ニオイが激減。粒が大きく後始末が簡単でトイレに流せる。(ただし1日3回まで)それに安い。いい事づくめです。
・ずっと粉や飛散に悩まされてきましたが、今はほぼ解決してます。また、トイレに流せる(必須‼)、その上、トイレで詰まりにくいので非常に安心です。ヒノキの香り自体ははうちでは気にならないので問題なし。消臭効果もまぁそれなりかなと思います。
・私は粉が少ない猫砂が好きで、それで本製品を選びました。うちの猫も鉱物系が好みでしたが、本製品を混ぜて徐々に移行しました。

→全文はこちらから

ハッピーペット しっかり消臭するひのきの猫砂 森林からの贈りもの

原材料は、ひのき木粉、おから、でんぷん、抗菌剤で、安心素材。
トイレにも流せます。

→Amazon →楽天

猫砂 種類 一覧 固まる

☆Amazonの口コミ
・檜の薫り。良し!適度な重さで飛び散らない。良し!
・私の家の猫の尿の性質と合わないだけかもしれませんが、思うように固まってくれません。吸水した砂がスコップですくっても固まらず。パラパラと崩壊します。
・部屋が木屑で散らかりますが、部屋がおしっこ臭くならなくていいです。
・うちの猫は、同じ場所におしっこをする癖があるので、一度固まっても溶け出してしまったのかも?砂がジェル状になりそれが乾くとさらに散らばる・・

→全文はこちらから

アイリスオーヤマ 炭の猫砂

主要材質:木、木炭、ベントナイト
主成分は木ですが、鉱物系のベントナイトが入っているので半鉱物系という感じでしょうか。

木炭の消臭効果を狙った商品です。
燃えるゴミとして処理できます。トイレでは流せません。

→Amazon →楽天

☆Amazonの口コミ
・鉱物系のものと比べるとはるかに軽く、扱いやすいです。他の砂と同様に、砂ほこりは避けられませんが、しっかり固まりますし、とても良い商品でした。
・うちは白猫のため、脚が汚れてしまいました…。
・今年10歳になるウチの子が、何故かこの砂以外では気に入らないようで、ずっとリピートしています。臭いはかなり軽減されますが、手の間にたくさん砂を付けて出て来ては、家の至る所に撒き散らすのが難点。
・猫にとって砂場のような感触がストレスが少ないと獣医師より聞いた。これは比較的粒子が細かく、他のものよりも砂に近い。炭の効果で排便直後を除けば、よく消臭される。

→全文はこちらから




おからの猫砂

常陸化工 おからの猫砂グリーン

原材料・・・おから・炭酸カルシウム・のり剤・抗菌剤・酸化防止剤

おからを主原料とした猫砂。
水洗トイレに流せます。
燃えるゴミとしての処理やコンポスト(堆肥)化して再利用もできます。

→Amazon →楽天

猫砂 種類 一覧 固まる

☆Amazonの口コミ
・原料や酸化防止剤は天然使用なので安心して使えています。価格も手ごろなので手を出しやすいです。
・おからを使っており、オシッコを素早く固め、うんちもまわりを固めて、そのままトイレに…素早く溶け出し、まめに掃除をすれば匂いもきにならない!
・グリーンなので、おしっこをした所がわかりやすく片付けしやすい
・砂は重くて飛び散りは少ないですが、匂いが好きになれませんでした。

→全文はこちらから

海外製(輸入品)の猫砂

エバークリーン 猫砂 小粒微香

産国:米国
ベントナイトなので鉱物系の猫砂になります。
石鹸のようなフレッシュな香り。

→Amazon →楽天

☆Amazonの口コミ
・尿の固まり具合が最高です!いつもニオイをとる砂を定期購入してたんですが、この砂の固まる早さと片付けのし易さは素晴らしい♪
・値段がするだけあって消臭効果や固まり具合は良いです。しかし香料が強すぎます。
・猫のお便のニオイが全く気にならず、7年ほどこの商品一択
・以前使用していたペレットタイプのベントナイト猫砂は、湿度が高いと固まりにくく消臭効果も薄れて少し臭いましたが、エバークリーンは梅雨時も台風の日もすっきりさらさらでした。

→全文はこちらから

トイレに流せる猫砂 サスティナブリーユアーズ MULTI-CAT Plus

原料にとうもろこしとキャッサバだけを使ったエコロジーな穀物系猫砂。
化学薬品・香料・着色料を一切使用していません。

トイレに流すか、燃えるゴミで出しましょう。

→Amazon →楽天

☆Amazonの口コミ
・今までは、粒子の大きな猫砂を使っていて、猫砂用の穴あきシャベルを使っても、どうしても汚れていない猫砂まで捨ててしまっていました。このサラサラタイプの猫砂だと、粒子が細かいので、そういうことになりません。本当に汚れたところだけ捨てられます。
・けっこう粉塵が舞う。そして使用なさる猫様観察→大興奮!でいつまでも砂を掻きまくっておられました★
・さらさらの細かい砂はおしっこの吸収力も抜群でしっかり無駄なく固まってくれます。
他の猫砂と違って無駄になってしまう分がほぼ無いかんじで、これには驚きです。
・小さい砂がかなり飛びます。掃除をするのが非常に大変でかなりのストレスを感じる現状です。うちの猫との相性が悪いのかもしれません。

→全文はこちらから

まとめ

猫砂としてはたくさんの種類が発売されている「固まる砂タイプ」をご紹介しました。
いかがだったでしょうか?

今、まさに猫を飼っている方は、どれか使ったことがあるかもしれませんね。

固まる砂の中でも素材が様々なのですが、一長一短あることがお分かり頂けたかと思います。
口コミも、好みが別れているのが一目瞭然で、良いコメントだけがついている商品というのはないなぁと感じました。

健康面をシビアに考えるならより自然な素材を選ぶのがよいですし、固まりやすさや、ずっと買いやすい価格帯など、選ぶ基準は人それぞれ。

今回は代表的なものをご紹介しましたが、他にも色々ありますので、興味がありましたら調べてみて下さい。

ご参考になれば幸いです!

☆システムトイレ編もあるよ!
→「猫砂の種類一覧<システムトイレ編>」