猫にワクチンは必要?種類・値段・回数は?副作用はある?

うちの猫にはワクチンって必要なのかな?
病院の先生にすすめられたけど、どうしよう?
という疑問もありますよね。

今回は、猫のワクチンについて、まとめてみました!

\みんな、ぼくの健康のこと考えてくれてるんだにゃあ/

かわいい 猫 動画 スコティッシュフォールド キジトラ

猫へのワクチンの必要性

猫のワクチン接種は法律で義務付けられているわけではありません。
なので、全く受けていないというご家庭もあるかと思います。
昔は今よりも徹底されていませんでしたし、その延長線上で打っていないこともありますよね。

ワクチンを打つことによって、ウイルスや細菌といった病原菌からペットを守ってあげることができます。

子猫は、母親の胎盤と初乳から免疫を譲り受けます(病気も一緒にもらい受けてしまいますが。。)
生後2~3か月までの間はこの免疫が体内で有効になっていますが、これ以後消失します。
できれば最初のワクチンはこの時に打ってあげないと、病気から無防備な状態になってしまいます。



室内での飼育だけど、必要?

室内飼育であれば、野良猫との接触はありませんが、飼い主や客人や、一緒に飼っている動物、衣類を介して・・・など様々な方法で感染する可能性はゼロとは言えません。

家以外の場所で、ウイルス感染した動物に触れたり、排泄物を踏んでしまう・・・ということもあります。

そのまま家に帰ってきてペットと触れ合い、感染ということもあり得ますので、ワクチン接種をしていればそういう時にも安心です。

\家の中にいるけど、色々あるんだにゃあ/

かわいい 猫 動画 スコティッシュフォールド キジトラ

ワクチンの働き

動物は、体の中にウイルスが入ってくると、それを敵とみなし、追い出すために血液中のリンパ球や白血球が働きます。
打ち勝つことができればウイルスの情報を記憶し、抗体ができます。

次に同じウイルスが入ってきた時に、体の中でウイルスが増殖するのを抑止できるようになります。

この原理を利用し、ウイルスが猫の体に入ってきた時に無毒化したり打ち勝つことができるように免疫を作り出すのがワクチンです。

猫のワクチンの種類

3~7種の混合ワクチンがある

ワクチンで予防できる病気は・・・

1.猫ウィルス性鼻気管炎
2.猫カリシウイルス感染症
3.猫汎白血球減少症
4.猫白血病ウイルス感染症
5.猫クラミジア感染症

上記の5種類のワクチンの中から、何種類組み合わせてあるかということですね。
3種混合ワクチンが一番一般的ではないかと。

3種混合ワクチン・・・1+2+3
4種混合ワクチン・・・1+2+3+4
5種混合ワクチン・・・1+2+3+4+5
7種混合ワクチン・・・1+2+3+4+5+猫カリシウイルス2種を追加

1、2、3は、全ての猫に打つことが推奨されていますので、動物病院でよく勧められるのも、3種混合ワクチンです。
(うちの子も3種混合ワクチン接種済み)

この3つは感染力が強いので、室内飼いであっても接種を勧められます。

ワクチンで予防できる病気一覧

猫ウイルス性鼻気管炎

ヘルペスウイルス科に属する猫ヘルペスウイルス1型を原因とする上部呼吸器感染症。
ウイルスが涼しいところを好むため、外気にふれていて体温の低い目や鼻、口、などに症状が出るのが特徴。
具体的には、鼻水、くしゃみ、流涎、流涙、発熱などの症状が出ます。
子猫や高齢の猫、免疫力が弱っている猫などは、肺炎を併発することも。

ウイルス感染した猫のよだれ、鼻水などから接触感染します。
ヘルペスウイルスに感染した猫は、症状が治まったあとも、80%以上がウイルスを保有したキャリアになります。
子猫の場合、母猫のグルーミングから感染します。




猫カリシウイルス感染症

感染猫の鼻水やよだれなどに接触することで感染。また、人間が衣服につけて持ち帰ってしまうこともあります。
くしゃみや鼻水、発熱に加え、口内炎や舌炎が見られるのが特徴。
それにより、口臭がきつくなることも。
猫カリシウイルスの特効薬はまだ見つかっていないので、症状に合わせた対処療法を行われます。
ワクチン接種で予防するのが一番確実、ということですね。

猫白血病ウイルス感染症

感染後約1ヶ月で、食欲不振、貧血、下痢、発熱、体重減少、脱水、鼻水、口内炎、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。
その後、骨髄→造血幹細胞に至り、血液細胞の増殖を抑制。
ウイルスは感染した猫の唾液、鼻水、排泄物、尿などに含まれており、感染しやすいです。
こちらもまだ特効薬はありませんので、対処療法となります。

猫汎白血球減少症

パルボウイスルが原因で、胃腸に炎症を起こし白血球数が減少する病気です。
そのため、細菌や他のウイルスに対する抵抗力が弱くなり、合併症を起こしやすいです。
発熱、食欲不振、嘔吐、下痢、血便といった症状が見られます。
感染力が非常に強く、死亡率も高め。

感染した猫との接触や、感染猫の尿や便から感染します。
猫の体内から出た後もかなり長く生きているウイルスのため、人間の衣類を介しての感染もあり得ます。

クラミジア感染

猫クラミジアという細菌の一種によって引き起こされる、感染症です。
結膜炎、くしゃみ、鼻水、咳などの症状があり、粘着性の目ヤニを伴う結膜炎が特徴で、慢性化することが多いです。
ウイルス感染した猫との接触、グルーミングや食器の共有によって簡単に感染します。
母猫から子猫へも感染します。

※狂犬病

上記の他には「狂犬病ワクチン」というのもあります。
狂犬病ワクチンは、海外に渡航する際や帰国の際には猫にも義務付けられています。
現在は、日本国内に離し飼いの犬がほとんどいないですし、もしも何らかのルートから狂犬病の犬が国内に侵入したとしても、急速に広がることはないだろうと考えられています。

\あたしには難しい話だにゃ・・zzz/

かわいい 猫 動画 スコティッシュフォールド キジトラ

猫のワクチン費用

ワクチン接種の価格は病院によって異なりますので、だいたいの価格でご紹介します。

3種混合ワクチン → 3,000~7,000円
4種混合ワクチン → 4,000~8,000円
5種混合ワクチン → 5,000~10,000円
7種混合ワクチン → 7,000~13,000円




ワクチン接種の回数・頻度・時期

子猫は母猫から免疫を受けついでいますが、生後2~3か月で消失します。
予防接種の1回目は生後8~10週あたり、2回目は、1回目から数えて1ヶ月後あたりに接種するのがよいです。
それ以降は年に1回ワクチン接種をするのが一般的です。

日本では年に一回打つことが推奨されており、海外では3年に一回という考え方のようです。

接種前に気をつけることは?

基本的に、体調が良いときにしか予防接種は受けることができません。
元気な時に病院に連れていってあげましょう。

\とはいえ、ぼくは病院はきらいなんだにゃあ。のびのび/

かわいい 猫 動画 スコティッシュフォールド キジトラ

接種後は、副反応や副作用が出ることも。

接種後の数日は本調子ではない

ワクチン接種後は、熱が出たりぐったりするといった副反応が見られることがあります。

うちの猫も接種後1日半は寝続けていましたし、一時的に免疫力が低下していたようでした。
その後、いつもどおりに様子が戻っていったのですが、なるべく接種後数日は気を付けてあげた方がいいと思います。

まれにアナフィラキシーショックも

まれに、アナフィラキシーショックが起こることがあります。
接種後10~30分以内に、チアノーゼ・低血圧・低体温・じんましん・呼吸困難、などのアレルギー症状が出ます。
命の危険もあり、すぐに処置が必要になります。

接種後12時間以内に起こるかもしれない症状

その他、接種から12時間後以内に、嘔吐・下痢・顔が腫れる・皮膚が赤くなる、などの症状がでることもあります。
これらは適切な処置で回復しますので、すぐ病院に行きましょう。

ワクチンを打った場所にしこりができることも

ワクチン接種後1週間ほどで接種した箇所に「しこり」が見つかることがあります。
これらはだいたいの場合、一過性のものです。
1ヶ月ほどで小さくなるか消えてしまうと思いますが、一度病院で見せましょう。

まれに、接種後2年以内に悪性腫瘍が生じることがあります。ワクチン以外の注射によっても発生する可能性が疑われており、正確な病因は不明です。

接種するのは午前中がおすすめ

接種する日は、午前中に病院に行って、午後にもし急変したら連れていけるような日がよいです。
午後や夜に接種した場合は、万が一の時に夜中に行ける病院を調べておくことをおすすめします。

接種後おかしいな?と思ったら、すぐに動物病院に連絡しましょう。




接種後、避けた方がいいこと

注射後2~3日間は激しい運動やシャンプーなどは避けてください。

体内に免疫が作られるまでには2~3週間かかりますので、その期間はワクチン接種をしていない猫との接触を避け、外に出さず、感染のおそれがある場所には連れていかないように注意しましょう。

\ぼく、シャンプーは普段からしてないから関係ないにゃ/

かわいい 猫 動画 スコティッシュフォールド キジトラ

ペット保険は予防接種の費用は負担してくれない

ペット保険も本当に種類が増えましたよね。
保険に入っているよ、という方も少なくないと思います。

日本のペット保険は、病気になった場合の補償が中心になります。
病気の予防にかかる費用は自分持ちになりますので、ワクチン接種も対象外です。




まとめ・予防接種はケースバイケース

主に推奨されているのは、1年に1回という風に書きましたが、海外では3年に1回とされていますし、接種の頻度は飼い主しだいです。

持病がある場合はそれとの兼ね合いで打たない方が負担にならないでしょうし、ケースバイケースですね・・・

ワクチンを打つこと自体のリスクもゼロではないです。
メリット・デメリットを押さえて、判断しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする