猫の爪切り、おすすめの方法!うちはこうしています☆

皆さんは猫の爪切りをしていますか?

以前、猫の爪切りは病院でもしてもらえるよ~っていう記事を書きました。

最近はななちゃんも少し大人になったのか、おうちでなんとか爪を切れるようになってきました。
実はゆきちゃんの方が抵抗が激しいのですが、こちらもなんとか切れてます( ゚Д゚)

今回は、どうやって切ってるの?どんな爪切りを使ってる?ということを書いていこうと思います。

猫 爪切り 方法 頻度 必要

猫の爪切りはどうして必要なの?

一緒に生活していて、猫と遊んであげたり、猫がハッスルした時に、とがった爪を立てられると「痛いから!」ですw

そのまんまの理由でしたね・・・

皆さんご存知でしょうが、ガチで怪我しますし、ガチで血が出ます。

完全な家猫が多いと思うんですが、もしお外にも行っている猫なら、「爪がないとちょっと不便があるかも」っていうのはありますけど、ま、この記事を読んでいる人は、家猫ですよね?(たぶん)

家猫なら、爪は切った方が、飼い主が怪我をしないためによいです。

多頭飼いのお宅なら、じゃれあったときに相手を傷つけてしまうことがゼロではないので、やっぱり爪は短い方がいいです。




また、猫の種類によっては「爪とぎが不得意な猫」っていうのがいるんですよね。

うちのスコティッシュフォールドゆきちゃんがまさにそうなんですけど、彼女は普段、意気揚々と爪を研いでるんです。
だから、私も研げてるんだと思ってたんですけど。

どうやら特定の指の爪が研げていない!( ゚Д゚)

その爪だけ伸び続けてしまうので、切ってあげないと肉球に食い込む恐れがありました。
そんな猫もいます。

色んな意味から、家猫の爪は切ってあげるのがベストです。

※「一匹飼いで、おとなしく、遊ぶ時も爪をたてない、爪も自分でちゃんと研げている」
こういうケースは爪切りいらないかも。

\爪ってのびるのにゃよ~なんでかにゃ/

猫 爪切り 方法 頻度 必要

どの爪切りを使ってる?おすすめは?

私が現在使っているのはハサミになっているタイプ。

猫壱さんの爪切りです。


→楽天で商品を見てみる
→Amazonで商品を見てみる

猫の爪切りって色んな形状があるんですよ。

最初に買ったのがギロチンタイプだったんですけども。
動物病院の先生もギロチンタイプを使ってらっしゃったんですけども。

ギロチンタイプは私には難しかった・・・

初めのうちって、とにかく猫の血管を切ってしまうのが怖いのでおそるおそる爪を切ろうとするじゃないですか。

そしたら、どこを切るかのポイントを決めるまでに時間がかかって、ピタっと決まらない!
ギロチンタイプ特有のわっかの中に入れてからが長くかかってしまう。
そのうちに猫が嫌がり出して終わり・・・

みたいな感じだったんですよね。

ギロチンタイプ・・・全然切れなかった思い出( ;∀;)

思い切りのいい人にはいいかもしれないですし、私の手際が悪いのかもしれないんですが。
初心者にはおすすめできないかも。

あとね、、電動タイプとピコックタイプっていうのがあるんですけども、それは私は試していないので使い勝手がわかりません。

はい。
そんな感じで、ハサミタイプが初心者さんにはオススメだと思います。

何しろ、ハサミって使ったことがない人はいないじゃないですか。
使い勝手わかってますし、何より爪の当たっている箇所が見やすいんですよね。




あと、私が使ったことがあるのがnekozukiさんの爪切りです。


→楽天で商品を見てみる
→Amazonで商品を見てみる

こちらも初心者さんにおすすめ。

もーーーのすごく切りやすいです。

猫壱さんの爪切りとnekozukiさんの爪切り、どちらがよい?ということになると難しいんですが、切れ味や作りのしっかりさ、切りやすさ共にnekozukiさんに軍配が上がるかなーと思います。

ただ、見たらわかるんですけど、お値段が高いです。
高いだけの理由はあるし、買って損はない商品です。
一生ものだよねー

私はnekozukiさんの爪切りをなくす(!)という失態をしていまったんですよ・・
やっぱり猫の爪切りとしては高価ですので、ショックでしたよ( ;∀;)

そして、猫壱さんの爪切りにたどり着くという。
そんな爪切りの旅でした。。

なので、猫の爪切り初心者さんには

「一生ものの爪切り!奮発する!」という方はnekozukiさん。
「いやいや、そんなにお金はかけないよ。」という方は猫壱さん。

が、おすすめです。

どうやって猫を暴れないように押さえて切るの?

肝心なのはこれですよ、これ。

いくら爪切りの切れ味がよかろうと・・・
猫が切らせてくれないと、爪は切れない!

最初はふたりがかりでやってみたりしてたんですけども。
どうやら一人でできるなぁということがわかりましたので、最近はそうしています。

二人がかりだと、おおげさになって猫も警戒するじゃないですか。
ひとりでさっとできればいいですよね。

まず前の爪を切ろうとしたら足で反撃してきますよね。
なので、猫の下半身を「しっかりと股ではさむ」のです。

ポイントはしっかりと挟むこと。
中途半端だと猫は「抜けれる!」と察知して、体勢を変えて股の間から抜け出ます。

猫 爪切り 方法

猫 爪切り 方法

猫が苦しすぎない、でも猫の動きを封じれる、それくらいの強さで挟みましょう。

猫も「動けない!」って気付くと、一定時間はおとなしくなります。
あくまで一定時間なので、その間に切っていくわけですけども。

猫の爪を切るくらいの時間はかせげます。




完璧を求めないのがポイント

前足はいけた!でも猫が嫌がり出したから、後ろ足はあとで切ろう・・・
なんてこともあります。

私はそれで納得してます。とりあえず切れるんだからいいじゃないかとw

おとなしい子とか、子供の頃から爪切りに慣れた子ではありませんので、今日は前足、明日は後ろ足、くらいの楽観的な速度でいいかなぁと思っています。

これでも切れるようになった方です、劇的に!
病院で切るしかないくらいの暴れん坊でしたから・・・(ななちゃん)

ななちゃんも少し大人になって、ゆきちゃんという同居人ができて、だいぶ穏やかになりました。
爪もなんとか家で切れるようになったことは本当に喜ばしいことです。

慣れないうちはイッキに切らずに少しづつ切ってみる

初心者が恐れることのひとつ。
それは、猫の血管を傷つけてしまわないか!?
ということではないですか?

私は怖がりなので、それがすごーく怖かったんですよね。

なので、少しづーづ切っていって、「あ、ここまで切っても大丈夫なのね」という経験を積み重ねていって、切っていいラインがわかったきた。という感じです。

最初からスパッ!スパッ!と、深くまで切れたらいいのですが、それは経験がモノをいうのですよね。
動物病院の先生の手際とかすごく速いですが、何百匹、何千匹と相手にしてきているわけで。

それを考えると、飼い主なんて多頭飼いでも数匹ですからね。
いきなりきわきわまで切らなくても、少しづつ切ってみて、慣れていけばいいと思います。

当たり前ですが、明るい場所で切る方が血管の位置が見えやすくてよいです。
部屋の中のベストポジションを探してみましょう。

\明るいところで切ってほしいにゃーよろしくにゃ/

猫 爪切り 方法 頻度 必要




爪切りの頻度は?

そんな怖がりの私なので、そんなにギリギリまで切ってないんですよね、いつも。
なので、爪切りの頻度は高めかも?

あとは猫って爪とぎを念入りにするじゃないですか。
気付いたらシャキーン!って爪がとがってるんですよ。

一週間に一度はチェックしているかも。
二週間放置すると爪が伸びてきてたり爪がとがってたりしますね。

また、前足の方が伸びるの速い気がします。
個体差あると思うんですけども。

この指だけ爪が伸びるの速くない?っていう指もあります。
爪の研ぎ方なのかな。

まとめ

猫の爪切りについての実際の経験を書いてみました。

私は本当に怖がりなので、猫の爪切りをなかなかできなかったんですよね。。

でも、いまやできるようになりました。

チャレンジあるのみですね!

私のやりやすい方法でやっていますので、その人によってオリジナルのやり方があるかと思います。猫によっても!

ぜひ自分のやり方を編み出してくださいね!