猫の睡眠時間が長い理由は?子猫・成猫・老猫では違う?冬はよく寝るって本当?

猫はよく寝るから「寝る子」で「猫」とは、昔よく言ったものですが、本っ当によく寝ていますよね。

丸くなったり長くのびたり、寝ている姿が本当にかわいくて、癒しになります。

\寝るのは大好物にゃ/

猫 かわいい




猫の睡眠時間の平均は?

猫は1日平均で14~16時間、子猫だと18~20時間も寝ています。

やんちゃ盛りの猫だとこの数値よりもう少し短めに感じるかもしれませんが、それでも人間よりはだいぶ長く寝ていますよね。

これだけ眠れるというのは、人間からしたらうらやましい限りです。きっと睡眠障害なんてないんでしょう・・・笑

猫の睡眠時間が長い理由

なぜ猫がこんなに寝るのかというと、野生の時の性質が残っているからです。

猫は狩りをする際に、瞬発力を使い獲物を仕留めます。持久力はあまりありませんので、瞬時に狩りを完了させる必要がありました。

そのためには体のエネルギーをかなり使うため、狩り以外の時間はなるべく体力を温存しておく必要があったのです。

なので、じっとして長時間の睡眠を取ることが大切だったのですね。

猫の眠りは浅い

睡眠時間は長いですが浅い眠りなんです。

寝ているなぁ・・・と思っても、小さな物音や誰かが動いた気配でパッと目が覚めますよね。その理由も「危険をすぐに察知できるように」という野性味溢れる理由です。

時々「君は大丈夫か?」というくらい熟睡していることもありますけどね。その子の性格にもよりますが、それくらい信頼関係が結べているということで喜んでもいいかも。笑

(ちなみにうちの場合は、浅い眠りなことがほとんどです。野生動物としては合格?)

\すぐ起きるにゃよ/

猫 かわいい




子猫が寝る時間が長いのは、成長期特有のもの

大きい猫が寝ているのもかわいいですが、子猫が眠っているのを見るのはより至福の時間ですよね。

子猫はとってもよく寝ます。

これは寝る事で、成長に必要なホルモン分泌を促しているからです。

子猫は日々ぐんぐんと成長していきます。1歳になれば成猫と変わらない体格になるのですから、本当に成長が早いです。

母乳が必要な時期はほとんどを睡眠に費やしますし、少し大きくなってよく遊ぶようになっても同様に睡眠時間が長いのは、成長期だからなのですね。

高齢の猫も睡眠時間が長い

また、年を取った猫も睡眠時間が長くなります。

だいたい7歳くらいから老猫期と言われており、睡眠時間が長くなっていきます。10歳を過ぎると一日中ほとんど寝ている・・・なんてこともあり得ます。

これは単純に年老いて体力がなくなってきているからです。

高齢の猫は子猫とはまた違った可愛さがありますよね。そっと寝かしておいてあげましょう。

\ぼくはまだまだ若いにゃ/

かわいい 猫




猫は冬だから睡眠時間が長い・・・わけではない

さて、お次は季節によって睡眠時間は変わるのか?ということですが、実は季節によっては変わらないようです。

冬は寒いから夏よりよく寝ているのかなぁ・・・と思いがちですが、春夏秋冬、それぞれによく寝ています。

ちなみに天気によっては変わるようで、晴れより雨の方がよく寝るとか。

猫の先祖は砂漠に生息していたため、もともと濡れるのが嫌い。なので、雨の日は濡れたくないので、狩りには行かずにじっとしているのだとか。

最近はお風呂好きの猫もいるので、どうなんだろう?本能がどうかは置いておいて、猫の習性も変わりつつかるのかもしれません。




猫が急によく寝るようになった時は、体調もチェック

不自然によく寝るようになった場合は、体調不良の可能性もありますので、チェックしてあげましょう。

触ってみて体温が熱ければ熱があるかもしれませんし、食欲が落ちてごはんを食べない場合も。しっかり観察してあげましょう。

猫は体調がおかしい時は、自ら睡眠を長く取り、治そうとします。だるくて動けない場合もあるでしょうし、怪我の可能性もあります。

そういう時はいつもと違う暗い場所、狭い場所で身を隠すように寝ていることもあります。

普段リラックスして寝ている時と比べて、違いや違和感がある場合は、早めに病院に相談しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする