猫にシャンプーするメリット・デメリットは?抜け毛対策になる?

猫にシャンプーをするのは、うちの場合は極度に汚れた時くらいなのですが、皆さんはどうですか?

今回は、シャンプーをするメリットデメリットについて書いてみました。

猫 シャンプー

猫にシャンプーは必要?

猫にシャンプーするのは、必須ではありません。

基本的に自分で体をなめて綺麗にしますし(グルーミングと言います)そもそも猫は体臭があまりないのです。

体臭が強いと、自然環境下では敵や獲物にすぐに見つかってしまいますよね。
だから体臭は弱め。

シャンプーを全然しなくても、猫は綺麗なままです猫 アイコン

(もちろん、無臭というわけではなくて不快な匂いやキツイ匂いはしないということです。
猫嫌いな人には匂いも不快に感じるのかも・・・)

ただ、シャンプーをするメリットもあります!

次はそちらをお話しますね。




\あたし、こないだ屋根裏に入ったからシャンプーされたにゃ/

猫 シャンプー

猫にシャンプーをするメリット

抜け毛をきれいにできる

特に長毛種の猫のことですが、毎日かなりの毛が抜けます。
毛が長いので、その量はすごい・・・

毎日のブラッシングでケアできますが、シャンプーをするとより綺麗になります。

ブラッシングもせず、シャンプーもせずだと、猫が毛づくろいをしたときに、毛を飲み込んでしまいます。
毛を多くのみ込むと、もちろんそれを体の外に出さないとなりません。

大便と一緒に出すか、嘔吐して出すかのどちらかになってきます。

最近のフードは品質が良いので、排泄の時にうまく出る場合が多いですが、猫によっては嘔吐して毛を吐き出すことが多い子もいます。

また、どちらもできない場合に、毛玉が消化器のどこかに詰まってしまう病気もあります。
ひどい場合は開腹手術が必要になることも。

毛玉の排泄コントロールをテーマにしたキャットフードもありますので、嘔吐が多い場合はそれを利用するのも良いかと。

→Amazonで関連フードを見てみる

毎日のブラッシングも大事です猫 アイコン

それと共にシャンプーをするのも有効ですよん。

アイコンファーミネーター 小型猫 S 短毛種用




汚れが落ちてきれいになる

完全な家猫ちゃんならあまりないかもですが、

外に行って帰ってきたら、足が黒くなっていた!とか
屋根裏に入っちゃって・・・とか
ちょっと最近下痢気味で毛についちゃった・・とか

そういう時もありますよね!

シャンプーするとすっきり綺麗になるので、洗っちゃいましょう!

シャンプー後はドライヤーでちゃんとかわかすのをお忘れなく。
(ドライヤーの方が大変だったりする猫もいるよね。笑)

部分的な汚れで少しだけなら、シート状の「シャンプータオル」も使えます!

アイコンキャティーマン ウエットシャンプータオル

アイコンミラクル キャットシャンプー400ml

Amazonの口コミ
・香りはおいといて、短毛種ですが、猫の毛ってこんなにフワフワになるんだと思わされたシャンプーです。1週間に数回程度しかブラッシングをしていませんが、数か月フワフワをキープしています。
・においもそこまできつくなく、というかほんのり香るくらいでにおいに敏感なネコちゃんでもOK!洗いあがりもふわふわサラサラが数ヶ月長持ちしますよ~。

→口コミ全文はこちらから




猫アレルギーの軽減

猫を飼っているけど、実は猫アレルギーなの・・・という方も中にはいるかと思います。

猫アレルギーにも程度がありますので、なんとか飼えるレベルなのかもしれません。

そうは言っても、猫アレルギーなのに猫を飼うのは、つらいこともあるでしょう。

シャンプーを定期的にすることで、アレルゲンを軽減することができます。

その後アレルゲンの量は戻ってしまうそうなので、保とうと思うとなかなか大変ですが・・

また、明日は猫アレルギーの友人が遊びに来る!という時にもシャンプーをしておくとよいでしょう。
(そもそも、猫がいる家に猫アレルギーの人はなかなか来ないかもしれません(;´∀`))


→ゾイック N キャッツ トリートメントインシャンプー

Amazonの口コミ
・人間のシャンプーみたいないい香りです。洗ったあと2日くらいで香りが消えてくれて、猫への負担も少ないと思います。そして洗い上がりの毛のふわふわ感が安いシャンプーとは段違いです。
・仕上がりはふわふわで大満足です。シャンプー中は匂いがしっかりしましたが、乾いたあとは強くないのでうちの猫にはストレスないようです。

→口コミ全文はこちらから

他にも色んなメーカーから猫用のシャンプーが出ています!
合ったものを選んでみてね。

猫 アイコンAmazonで猫用のシャンプー一覧を見てみる猫 アイコン

猫 シャンプー




猫にシャンプーをするデメリット

洗い残しにより皮膚病になることがある

シャンプーは綺麗に落とさないとなりません。
それは人間でもそうですよね~

猫が嫌がるのですすぎが少なかったりすると、シャンプーの薬剤が皮膚に残ってしまうことがあります。

かゆくなったり、はげる原因になります。

シャンプーをする際はしっかりすすいで綺麗に落とすようにしましょう!

シャンプーで毛がパサつくこともある

頻繁にシャンプーすることで、油分を取り過ぎて、毛がパサパサになることもあります。

ペット用のリンスを使用するのもよいですが、猫の毛や皮膚の状態をよく観察する習慣があるといいですね。

また、あまり安価なものよりはちょっといいシャンプーを使ってみると、毛がパサつかずに、ふわふわになるみたいですよ☆

猫がシャンプーするのを嫌がる

猫がシャンプーを嫌がる・・・はい。それは普通のことです!

全体のパーセンテージで言うと、シャンプーを嫌がらずにさせてくれるお風呂好きの猫の方が圧倒的に少ないです。

猫は基本的に体を水でぬらすのが苦手です。

鳴き叫んだり、逃げまどったり、恐怖で固まったり、反応は色々です。

また、お風呂に入ったあとはドライヤーもセットであり、こちらも苦手な猫が多いです(;´∀`)

\お風呂とか必要なのかにゃ??/

<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B00FPJ9PDE/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&linkCode=li3&tag=hisako122-22&linkId=60d01c4de95a8a1edbf166f44b3d90aa&language=ja_JP" target="_blank"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00FPJ9PDE&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=hisako122-22&language=ja_JP" ></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=hisako122-22&language=ja_JP&l=li3&o=9&a=B00FPJ9PDE" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

頻繁にシャンプーをするのは、猫のストレスになることも

お風呂が苦手な猫が多いことはすでに書きました。

シャンプーされることは、お風呂嫌いな猫にとっては大きなストレスになります。

シャンプー嫌いの猫にシャンプーする人間側もたいへんなので、手伝ってくれる家族や同居人などがいるといいですね!

手早くすませた方が、猫の負担も減りますし。

頻繁にシャンプーするのはお互いに大変だなぁという飼い主さんは、

抜け毛対策なら、ブラッシングを丹念にしたり、
猫アレルギー対策なら、掃除を毎日するなど、
シャンプー以外の方法をとる方が楽かもしれませんね。




\あたし綺麗だから・・シャンプーいらないにゃ/

猫 シャンプー

まとめ・シャンプーの効果はケースバイケース

猫をシャンプーするメリットデメリットを書いてみました。
いかがだったでしょうか?

猫をシャンプーすることによって、抜け毛対策・猫アレルギー対策になることはわかりました。

しかし、お風呂嫌いな猫が大多数の中、無理強いさせてしまうことによるストレスや、洗い残しによる皮膚病など、デメリットも多いことがわかりました。

お風呂が好きな猫にとってはシャンプーは簡単なことかもしれません。
その場合は推奨できるでしょう。

(私の知り合いにも、毎日飼い主と一緒にお風呂に入る猫というのがいますよ!
うちは??そんなの夢のまた夢ですよ!www)

「飼っている猫がどうなのか」ということから判断して、シャンプーがストレスにならないようなら有効利用するといいでしょう。

猫はシャンプーをしなくても生きていける動物ですので、できなくっても大丈夫です!

でも、汚れた時はがんばってシャンプーしよう!!笑