猫の散歩のメリットは?嫌がる猫もいるけど、必要なの?

Youtubeを見ていると、お外を散歩している猫が映っていることがあります。

いいなぁ~と思ったり、そうか運動不足にいいかも、と思ったり
いやいや、うちの猫は絶対無理!と思ったり・・・

色んな方がいると思います。
今回は、猫の散歩についてまとめてみました!

猫 散歩 必要 嫌がる メリット

猫に散歩は必要?

結論から言うと、散歩は必ずしも必要ではありません。
犬であれば、小型犬のチワワとか以外は散歩が必須ですよね。

猫はというと、家の中の運動でもOK。

ただ、外に出たことがある猫や好奇心旺盛な猫の場合は、散歩をすることによってストレス発散やリフレッシュになることもあります。

反対に、外に興味がない、外が怖いと感じる猫もいて、そういう猫は外に出ることに向いていないです。




猫を散歩に連れていくメリット

ストレス発散になる

猫の性格によりますが、外に出るのが好きな猫ならストレス発散になります。

元々猫は外で暮らす動物なので、色んな匂いを嗅いだり、外の風に触れたりして、自然のリズムが心地よくもあるでしょう。

散歩に行くことによって適度に体力を消耗するので、おうちではよく眠れることでしょう。

散歩がストレス発散になれば、凶暴だった性格が温和に・・ということもあり得ます。

運動不足解消になる

また、おうちの中ではあまり動き回れない環境だったのであれば、外に散歩に出ることで運動不足の解消にもなるでしょう。

肥満対策にもいいかもしれません。

\ぼくは肥満じゃないにゃよ!/

猫 散歩 必要 嫌がる メリット

猫を散歩に連れていくデメリット

逃げ出す可能性がある

これが最も大きなデメリットではないかと思います。

ハーネスや首輪やリードをつけていたとしても、いつ何時外れてしまって逃げてしまう事態になるかは予測できません。

外には車や自転車が走っていたり、人間がたくさんいたり、犬が散歩していたり、おうちの中にいるよりもたくさんのことに出会うでしょう。

何かにふいに驚いて走り去ってしまうこともあります。

すぐに見つかればいいですが、そのまま戻ってこない場合もあります。

見失ってしまったら、探し出すのは困難を極めます。




病気・ウイルス・ノミダニがうつることがある

猫を外に出すということは、野良猫と同じフィールドに送り出すということです。

野良猫はみんなノミダニを持っていますし、何らかのウイルスのキャリアであることが多いです。

直接野良猫と接触しなかったとしても、野良猫が歩いたところを同じように歩いただけでも、落としていったノミダニを拾ってしまいます。

ウイルスも同じように、媒介する可能性があります。

人間が持って帰ってきてしまうこともあるくらいですから、猫が直接外に出るということは何かうつる可能性があることを覚悟して出ないといけないです。

今、家から猫は出さない方がいいと言われていることの理由のひとつが、これです。

ワクチンを打ったり、ノミダニ駆除の薬を与えたりといった対策はもちろんのことですが、うつる可能性がゼロではないのです。

散歩に連れていくために必要なもの

ワクチン接種をしておく

前述のとおり、猫を外に連れていくと、なんらかのウイルス感染をする可能性もあります。
そんな時、予防接種をちゃんとしておくと安心です。

ただ、予防接種をしていても、感染の可能性がゼロになるわけではありませんので、そこは注意です。

人間も、インフルエンザ予防接種をしても、かかる人がいますよね。
(流行してるのとは他の型のウイルスにかかってしまったりとか・・・)

ああいう感じで、猫の予防接種も100%保証できるものではないのです。

◎予防接種について詳しくはこちらの記事を
→「猫にワクチンは必要?種類・値段・回数は?副作用はある?」

\あたしはお外は興味ないにゃ~/

猫 散歩 必要 嫌がる メリット

ノミダニの駆除剤を与える

外に出ると、絶対にノミやダニはいます。
野良猫が落としていったり、他の動物が持っていたりもします。

ノミダニの駆除剤は動物病院で買えます。

月一回、皮膚に塗るタイプか口から摂取するタイプか、どちらかを選んで与えましょう。

ノミの成虫だけでなく、卵にも効果を発揮しますのでもしノミを拾ってきても安心です。




散歩の時はハーネスを付ける

犬のように、ハーネスもしくは首輪にリードをつけての散歩になります。

首輪よりはハーネスの方がしっかりしていておすすめです。

何かに驚いて急に疾走した時にも制御できるように、しっかりはめておきましょう。

最初はハーネスをつけることを嫌がる猫もいますので、家の中ではめて慣らしてから散歩にトライするのがよさそう。

くれぐれも、リードなしの散歩はやめましょう。

まれに、リードなしでも人間について散歩できる子もいますが、とにかく何かあった時に永遠に離れ離れになってしまう(´;ω;`) ので、散歩デビューする際はハーネスとリードを付けておいてください。

猫 ハーネス 散歩

→ハーネスをAmazonで見てみる

散歩する際に注意すること

少しづつ慣らしていく

散歩に連れていくのも、最初は家の周囲の安全な場所から始めましょう。

しばらく周辺で散歩して様子を見て、少しづつ距離を延ばしたり、公園にケージで連れていってみたりしましょう。

\外の世界?ぼくはそこから来たにゃよ/

猫 散歩 必要 嫌がる メリット

嫌がる場合は無理をしない

散歩に行きたがらない子であれば、無理に散歩に行かせる必要はないかもしれません。

また、今日は行きたくない、今は行きたくない、といったこともありますので、その場合も無理強いしないようにしましょう。

逆にそれがストレスになりますので、その子の性格や性質を見て判断して下さい。

車や自転車には注意して!

普段家の中で過ごしている猫にとって、外は別世界。

車や自転車が走っているのを見ると、驚いてしまって逃げようとすることもあります。

慣れてきて、驚かないのならいいですが、できれば散歩コースは車や自転車が通らない場所を選びましょう。

自宅が住宅街や街中にある場合、家から散歩をスタートするよりは、公園まではケージに入れて連れていき、公園内で散歩をするといった工夫があるとよいと思います。




拾い食いに注意

外に出ると色んなものが落ちていたり、植物が生えていたりします。

中には猫の害になるものもありますので、変なものを食べてしまわない様に注意してあげましょう。

外でトイレをした場合

排泄する場所を家の中と決めている猫は、外ではせずに家に帰ってから自分のトイレでするようです。

でも、散歩に何度も連れていくうちに、散歩コースで用を足す猫も出てきます。

その際は排泄物はビニール袋に入れて持ち帰るようにしましょう。

犬のお散歩と一緒ですね!

また、砂のあるところで排泄する動物ですので、公園の砂場でしてしまわないように、気を付けましょう。

他人の所有地に入ってしまわないことも大切です。

\やってはいけないこともあるにゃよねー/

猫 散歩 必要 嫌がる メリット

まとめ

猫の散歩について書いてみました。

猫にとって、散歩は必ずしも必要ではないですし、外に出ることによるデメリットも大きいです。

すばしっこく狭いところも入れる猫は、もし散歩先で逃げてしまった場合に探しだすのが本当に大変です。

逃げてしまって、捜索したものの見つからない・・・というケースも多々あります。

散歩をさせたい!という場合は、そういうことも知った上で、ワクチン接種やハーネスを付ける、といった準備をちゃんとして散歩にのぞみましょう。