猫が脱走した時の探し方・連絡先。マイクロチップや首輪の情報も有用。

飼っている猫が急にいなくなったら、皆さんはどうしますか?

どう探したらいいのか、どこに届け出たらいいのか、対策はできるのか?などをまとめてみました。

\お外に興味あるのにゃ/

猫 かわいい




まず家の近辺を探してみる

誰でもそうするとは思いますが、まずは近辺を探してみましょう。

名前を呼びながら捜してみる

外に出てしまって心細くなっているかもしれません。飼い主の声が聴こえれば、返事をしてくれるかこちらに走り寄ってくれる可能性があります。

猫が隠れられそうな場所を探してみる

どこかに隠れている可能性が高いので、草むらや車の下、家の下など、隠れられそうな場所を探してみましょう。

下に隠れていることもありますが、逆に上に登っていることもあるので、塀の上や屋根の上なども呼び掛けてみましょう。

猫が集まっている場所に行ってみる

発情期であったり、行動的な猫の場合、他の猫がいる場所に一緒いるかもしれません。近所で猫のたまり場になっている場所があれば、一度見に行ってみましょう。

猫が帰ってくるのを家で待ってみる

近辺を探してみていない場合は、家で待ってみると帰ってくるかもしれません。帰って来た時に窓が閉まっていたり、誰も開けてくれないとまたどこかに行ってしまうこともあります。

家族が何人かいるようなら、1人は外に探しに行って、もう1人は家で待機しているのが理想的です。そうすればもし猫が帰って来てもすぐに対処できます。

家の中も探してみる

猫が見当たらない場合、ドアが開いていたりすると「外に出た!」と思いがちですが、実は家の中にいた、ということも多いです。

念のため、どこかに隠れていないか、閉じ込められていないか、探してみましょう。

\外に行ったと見せかけて、家にいるかもしれないのにゃあ/

ねこ かわいい




地域猫の世話をしている人に助けを仰ぐ

近所で地域猫のお世話をしていたり、保護猫活動をしていたり、野良猫の行動に詳しい人がいたら、相談してみましょう。
目撃情報や、行きそうな場所、猫の捕獲方法など知っていることを教えてくれるでしょう。

そういった活動をしている方は、猫について多角的な知識をお持ちのことが多いです。
また、地域にいる猫の行動についても詳しいので、早めにSOSを出しましょう。

ペット探偵へ連絡してみる

聞きなれない職業かもしれませんが、ペットの探索を専門にしている「ペット探偵」というのがあります。
ペット専門の探偵さんなので、動物の習性にも詳しく、経験も豊かです。




保健所や警察など、しかるべきところへ連絡する

猫がいなくなって1日くらい経過したら(どれくらいで連絡するかは個々人の判断によりますが)保健所や動物病院、近所のペットショップ、警察などに連絡しましょう。

もしかしたら、保健所で保護されているかもしれません。

動物病院やペットショップでは、猫を探している旨を書いたポスターを貼ってくれることがあります。ペットを飼っている人がたくさん訪れる場所ですので、情報が集まりやすいです。

警察に届けを出しておけば、誰かが迷い猫として届けてくれた際に、すぐに連絡が来ます。

インターネットを使って探す

近年、FacebookやTwitterといった、SNSを使っている人も多いと思います。

そういったツールを利用して、迷い猫を探すことができます。

皆さんも迷い猫・迷い犬の投稿が拡散されているのを見たことがあるかもしれません。

猫の特徴や年齢、名前、いなくなった場所、連絡先などを明記して「拡散希望」とはじめに書いて投稿することで、それを見た人が拡散してくれます。

\インターネットってすごいのにゃ/

ねこ かわいい




事前に、マイクロチップを埋め込んでおく・首輪に連絡先を書いておく

直径2mm長さ11mmの小さなチップを体に埋め込むことで、何らかの事情で飼い主と離れ離れになって保護された場合に、自治体や動物病院がリーダーでマイクロチップの情報を読み取ると、飼い主の名前や連絡先、ペットの生年月日、性別などがわかる仕組みになっています。

チップはアンテナとICを内蔵していて、電池は必要なく、半永久的に使えます。

地震や事故などで離ればなれになってペットが保護された場合にも身元がすぐにわかります。

5000円~10000円くらいの費用で、動物病院で処置してもらえます。

注射器のような形状の専用の器具で挿入されるので、手術のような大掛かりなものではありませんし、電磁波による健康被害も見受けられないようです。

チップについては賛否ありますので、するかしないかは飼い主さんのご判断にお任せします。

また、首輪に、飼い主の名前や連絡先を書いておくのも有効です。何かの拍子に首輪が外れたりしない限りはそれを見て連絡が来るかもしれません。




まとめ

うちの子もよく外に出たがるのですが(まだ去勢前の子猫なので、動きが落ち着かないです・・・)出てしまってもまだ走ってどこかに行くようなことはないのです。

だいたいは、私が扉を開けた時に出て(気をつけてはいるものの)1~2メートル先で、あたりをクンクンしているだけなのです。知らない匂いを楽しんでいるのでしょうか・・・ガレージの中なんですが。

でも、そのうち何かの拍子に脱走することなども考えられるので、その時の対策は知っておきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする