猫がパンを食べるのはNG!?欲しがるけど、どうなの?

人間がパンを食べていると欲しがる子っていますよね。
うちの猫もほしがります。

ちなみに、ななちゃんは欲しがるけれど、ゆきちゃんは欲しがりません。
猫によって好みがあるみたいです。

パンから美味しい匂いがするのかな?
でも、あげてもいいのかな?

今日は「猫にパンをあげても大丈夫なの?」という話題で書いていきますね。

猫 パン 好き 離さない 食べる

結論から言うと、猫にパンはあげない方がいい

タイトルに書いてしまいましたが、猫にパンはあげない方が無難です。

でも、うちの子は欲しがるんだけど・・・という方も多いでしょう。




パンの主成分は「小麦・ライ麦」

ミネラルやタンパク質を多く含む食品なのですが・・・
猫は肉食動物なので、穀物を消化するのが得意ではありません。

たくさん食べると消化不良になって下痢になったり、体調が悪くなってしまいます。

少量を時々あげるのなら問題はないですが、毎日おやつとしてあげるのには適していません。

もしパンを猫のおやつとして常用している方がいるのであれば、頻度を少なくすることをおすすめします。

穀物アレルギーの猫もいる

中には、穀物アレルギーの猫もいて、最近は穀物の成分が全く入っていないキャットフードも販売されています。

小麦などの穀物類が入ったフードも多いのですが、もしそれで下痢・かゆみ・脱毛といった症状が見られるのであれば、穀物フリーのフードに変えてみるのもよいです。

なかなか何のアレルギーが判別がつきにくいのですが、フードを替えてみて症状が改善すれば何らかの食物アレルギーだった、ということになります。

病院でも、アレルギー検査はできるようです。

\穀物ってどんなのにゃ?/

猫 パン 好き 離さない 食べる

猫は牛乳も消化するのが苦手

パンには牛乳が使われていることが大半ですよね。
(一部、使われていないパンもありますが)

猫は牛乳に含まれる「乳糖」を分解できません。
大丈夫な子もいますが、分解できない子が多いです。

パンも少量であれば大丈夫だとは思いますが!




パンには猫に危険な食べ物が混じっていることも

食パンであれば、主に小麦・ライ麦ですが、パンって色んなものが入っていますよね。

お総菜パンやおやつパン、サンドイッチなど、パンにも種類が色々。

例えば・・・

パンに入っていそうで、猫に食べさせてほしくないものは、

玉ねぎ・・・猫の血液中の赤血球を壊してしまいます。
チョコレート・・・チョコレートに含まれている成分を分解できません。
ブドウ・・・急性腎不全を引き起こすことがあります。レーズンも。
みかん、みかんの皮・・・猫は柑橘系全般が苦手。みかんの皮に含まれるリモネンという成分が猫にはよくありません。マーマレードも。

これ以外にも、猫にはあまり良くないとされる食べ物は結構多いです。

犬は野菜や果物も食べてるのをよく見ますが、猫はまた体の組織が違うのですね。

パンの中に細かく切って入っていることもありますので、注意したいところです。

猫がパンを離さない!?何に反応しているのか・・

猫は糖類由来の甘味には鈍感

猫は味蕾(みらい)と呼ばれる味を感じる器官がそんなに発達していません。

人間の舌にある味蕾は約10,000個で、猫の味蕾の数は約500個。
結構違いますね!

猫の味覚は「塩味・苦味・酸味」が中心であり、「甘味」にはかなり鈍感です。
「甘味」の中でも、糖類に由来する甘味は感じず、アミノ酸由来の甘味は感じるようです。

では、パンの味の何に反応しているのか・・・




我が家のケースで推測できること

うちのななちゃんも、人間がパンを食べていると大騒ぎで「何ー!?パンでしょそれ」という感じでパンに突進してきます。

おそらくなのですが、ななちゃんは「バター」に反応しているのではないかと!

ななちゃんは生後3週間で保護した時から、寄生虫や猫カビ、結膜炎などで長らく病院にかかっていませいた。

粉薬を毎日飲ませないといけなかったのですが、先生の指導で「ごく少量のバターで粉薬を練って与える」ということをしていたのですね。

バターが大好きだったようで、薬も難なく食べてくれました。

バターを出した時の反応と、パンに寄って来る時の反応が同じなのです。笑

しかも、パンに突進してくるのですが、パンをむしゃむしゃ食べるわけでもないのです。
「くんくん匂いをかいで、なめてみて終わり」っていう時もあります。

なので、たぶんバターなんじゃないかなーと予想しています。

パンの何に反応しているのかは、猫ちゃんによって違うのかもしれませんが。
うちの場合は「バター」です、たぶん。

\バターっておいしいにゃ!知ってるにゃ?/

猫 パン 好き 離さない 食べる

まとめ/猫にはパンは必要ではない。あげるなら少量をたまに・・

はい!猫にパンはいいの?という話題で書いてみました。

結論、パンはあげない方が無難。

どうしても欲しがるなら、食パンを少量、時々。

毎日やるのはダメ!

パンをよく食べるおうちだと、「欲しいよー!」が毎日続くかもしれませんが、ぐっとこらえましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする