【猫動画*お手する猫】お手のしつけって?教え方は?お手しない猫もいる。

まるで映画の中のワンシーン。お手するかわいい猫ちゃん

さて、今回紹介する動画には、三匹の猫ちゃんが出てきます。

白黒の猫ちゃんと、明るい茶色のシマシマに白がふわっと入った猫ちゃんが二匹。

すんごくかわいいのはもちろんのこと、

景色がとってもきれい!!

特に、最後の方に出てくる、あぜ道を猫ちゃんと一緒に自転車で散歩しているシーン。

映画のようで、束の間見入ってしまいました!

お料理のシーンに出てくる、白で統一されたキッチンで

飼い主に寄り添う二匹の猫ちゃん。

食材に興味を持っているようで、レンジフードに登って

飼い主を見下ろしているのが本当にかわいいです。

さて、本題ですが、猫はお手を覚えるのでしょうか?

うちにも生後半年の猫がいますが、

やんちゃすぎてお手を覚えることは難しそう。笑

動画に出てくる猫ちゃんはとっても温厚そうで、

何しろリードをつけて散歩に行けたり

自転車のかごでおとなしくしている性格の子。

そういう子の方が落ち着いて覚えてくれるかな・・・とは思いましたが。笑

方法は、前足に触れることに慣れさせて、

慣れてくると自然に前足を挙げるようになり、

そこをすかさず掴んで、ごはんをあげる。

というのを繰り替えすそうで。

やっぱり数稽古なのですねー!

犬は飼ったことがないので実際のところは知りませんが、

犬猫同じような教え方になりそうですね。




猫にお手をさせるには、ごはんとの関連付けがコツ。練習してみよう。

こちらも、猫のお手動画。

一つ目の動画よりも、より犬っぽい?

ご飯をあげる前は、お手とおすわり!と決まっている模様。

確かに徹底するとよさそうですね。

そして、やはり動物のしつけには「ごはん」がキーポイントなのですね。

「どうやら、これをしたらごはんをもらえるらしい」

と、思わせて癖づける。

動物のしつけってだいたい同じなのですね・・・

でも、犬よりは自由なのが、猫。

「お手」はしても「待て!」は難しいですね。笑

ごはんが登場したらもう、二匹ともそこに一直線!




お手ができる猫って結構いるみたいだ

この子もお手、マスターしてますね!

おとなしい子いいなぁ。

ちなみに、うちの猫は現在、生後半年で

一匹飼いのせいか?全然おとなしくないです。笑

手を出したら噛みたがる。

私のポニーテールに食らいつく。

そんなやんちゃ坊主なので、お手は難しいかな~




やんちゃ猫はお手しない?

動画でも、お手ならぬ、お噛み?

発見しました!

手を出したら、噛むー!

やんちゃ坊主と暮らしている私からすると、

わかりますわかります。わかりすぎる動画ですわ。これ。




猫のお手の練習には、しつけのための道具「クリッカー」を使う方法もある

犬のしつけに、「クリッカー」という道具があります。

ボタンを押すと「カチッ」という音がして、

覚えさせたい芸と連携させて使います。

1.まずはクリッカーを鳴らして、ごはんやおやつをあげることで、

「カチッ」という音と「ごほうび」を関連付けます。

そうすることで、まずは「カチッ」という音がしたら

美味しいものがもらえる!と覚えてもらいます。

これをまずは何度もして、覚えさせます。

2.猫は、棒に鼻を近づける習性があるので

棒を近付けて鼻を近付けたら、すかさず「カチッ」「ごはんをやる」

を、これも繰り返します。

わかりやすい動画ですね!

そこから「お手」や「おすわり」などにつなげていきます。




これは猫でも有効な方法です!

まぁ、そこまでして猫をしつける飼い主さんって少ないかもしれません。

クリッカーって500円~1000円で、そんなに高価なものではないので、

一度試してみるのも楽しいかもしれないですね。

ちなみに、生後2ヶ月までが、芸を覚える確率が高いとか。

とは言え、性格によっては大きな子でも全然大丈夫そう!

(様々な動画を見る限り)

「お手」を仕込みたい人は参考にしてみてください!

そして、かわいい動画を撮りましょう!笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする