猫に鰹節はダメってほんとなの!?

猫に鰹節。
昔から、定番の組み合わせですよね。

猫まんま・・・っていうのもありましたね。
キャットフードがまだ普及していなかったころかな。
ごはんに鰹節を混ぜてあげていました。

「実は、猫に鰹節はあげすぎない方がいい!?」
という情報を聞いて、個人的にはかなり驚いたのですが、皆さんは知っていましたか!?

今回はそのことについて、まとめてみました!

猫 鰹節 ダメ




鰹節のミネラルが泌尿器にダメージ!

たんぱく質、ビタミン、ミネラルといった栄養がギュッと凝縮された鰹節。
猫に影響を与えるのが「ミネラル」です。

ミネラルの中には、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、リンといった栄養素が含まれますが、その中でも「マグネシウム」の摂りすぎはよくありません。

少しなら大丈夫ですが、たくさん摂ると腎臓にダメージを与えてしまいます。

猫には慢性腎臓病、尿路結石といった腎臓の病気が多いのは皆さんご存知の通り。

昔は猫まんまとして鰹節をたくさん与えてしまっていたので・・・
それも影響して、腎臓の病気を患ってしまう猫が多かったようです。

猫と言えば鰹節をかけた猫まんま、という印象があったので、びっくり!
与え過ぎはは体に良くなかったのですね・・・

鰹節の適量は?

かつお節には、マグネシウムは100gの中に70mg含まれます。

摂取するマグネシウムの量が0.15%(食事50g → マグネシウム約75mg)以上になるとストルバイト結石の発生率が高くなるとのこと。

もちろん、普段食べるキャットフードの中にもマグネシウムは適量含まれていますので、これにもしおやつとして鰹節をたくさんあげるのであれば、危険量まで達してしまいそうです。

鰹節を5グラムほどなら問題ないかもしれませんが、10~15グラムを毎回与えると、与え過ぎになりそうです。

すぐに病気になるわけではありませんが、将来のことを考えると、量は調節した方が良さそうですね。

\鰹節って魚なのにゃ?/

猫 鰹節 ダメ




猫用の鰹節はどう?

最近は人間用の鰹節のほかに、猫専用の鰹節も売られていますね。
こちらはどうなのでしょうか?

人間用とどう変わるのかよくわからないものが多いですね。
だいたいは、中身は同じなんじゃないかなぁと思います。

猫用の鰹節の中には、塩分を控えめにしているものもあります。

ミネラルに関しては変わらないのですが、塩分の摂りすぎは猫もよくありませんものね。

猫は塩分を体外に排出しにくい体の構造をしています。
塩分を過剰にとってしまうと、これもまた腎不全などの病気につながってきます。

長く摂取することを考えると、塩分控えめの商品を選ぶのが賢いですね。

鰹節の匂いだけを利用する!?

鰹節が好きな猫って多いですよね。
でもあげすぎは良くないし、心配・・・

ということであれば、鰹節の匂いだけを利用するというやり方もあります。

鰹節や煮干しをお茶パックのようなものに入れて、普段のフードの袋に入れておきます。
すると、美味しそうな匂いだけがフードに移るわけです。

猫は味覚はそんなに敏感ではなく、嗅覚の方が勝っています。
「美味しい!」と感じるのも、匂いからということが多いようです。

これで、食いつきがアップするかも?
なかなかいい方法ですね!

鰹節が大好きな猫ちゃんには、この方法が使えそうです。

\美味しいのかにゃぁ・・・/




鰹節を食べない猫もいる

猫に鰹節・・・
猫に猫まんま・・・

常識のようですが、しかし!
鰹節が好きではない猫もいます。

ちなみに、うちのななちゃんも鰹節には反応しません。

スルメイカにはすごい反応を見せるのだけど、スルメイカはもちろん与えません。
猫にはイカは毒・・・(;´∀`)

全ての猫が鰹節好きではないのです。
食べなくても支障はありませんので、もし飼っている猫が鰹節は好きでなさそうなら、それはそれ。

一生食べなくてもOK!

まとめ

猫に鰹節はたくさんあげてはいけない!
いやぁ衝撃的でしたw

てっきり、猫に鰹節はOKだと思っていたので。
イメージって怖いですね。

うちの子たちは鰹節を食べたことがないので、このまま食べないで行っていいなぁと思いました。
皆さんはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする