疥癬(かいせん)症になってしまった猫のケンちゃんの話*人にもうつる皮膚病

疥癬(かいせん)という病気を知っていますか?
実は以前飼っていた猫が疥癬になり、どえらい状態になってしまいました・・・

今回はその時のことを交えながら、疥癬について書いてみたいと思います。

疥癬 猫 ハチワレ

ひどい疥癬になってしまったケンちゃんの話

うちで飼っていたケンちゃんという猫の話です。
10歳頃のことです。

なんだかとてもかゆそうな様子だった

ケンちゃんは外にも自由に出入りしていた猫だったのですが、ある時からなんだかしきりにかゆそうにしていて、そのうち発疹が出来てフケも出てきたのです。

慌てて当時のかかりつけ病院に受診したところ、「アレルギーですね。急になることがあるのですよ」ということで抗ヒスタミン系のお薬を投与する日々が続きましたが、いっこうに良くなる気配がありません。

それどころかどんどん状態は悪くなっていき、なんだかこれはおかしい?
アレルギーだったら皮膚病で評判のいい病院に行ってみよう、ということで、車で30分かかる病院に受診してみることに。

すると・・・
キャリーバッグを開けた瞬間、先生が「うわっこれはひどい!」とバッグを一旦閉めました。

「これは疥癬(かいせん)です!」
と診断を受けました。



まさかの誤診からの疥癬との診断

そう、アレルギーっていうのは誤診だったんですね(;´∀`)
効かない治療をしていたわけです・・・

幸いというか、一匹飼いだったので伝染る猫はおらず、それでも隔離が必要だという事で、使っていない部屋に二階建てのケージを設置して、隔離しました。

掃除も念入りにしないといけなかったです・・・

通院を続け、本当にぼろっぼろの重症の状態から、徐々に良くなっていきました。
早めに病名がわかればここまで苦労することもなかったのですが・・・
本当にたいへんでした。

\おれ、ケン。白黒ハチワレ猫にゃ。疥癬つらかったにゃ/

猫 白黒 ハチワレ ケン かわいい



疥癬とは?

疥癬は「かいせん」と読みます。
「ヒゼンダニ」というダニが皮膚に寄生することで起こる皮膚病。
猫や犬、兎や牛、馬、もちろん人間にも寄生します。

猫のヒゼンダニは、猫を好むダニで、人間にうつってもそこから繁殖することができません。
でも増えることはないとは言え、ダニがいる間はかゆくはなります。

ヒゼンダニは肉眼では見えなず、顕微鏡で見ないと確認できないくらい小さいダニです。
身体の表面に穴を掘り、産卵を繰り返します(想像するだけで、ゾゾゾーっとする( ;∀;))

全身に寄生する「ネコショウセンコウヒゼンダニ」に対して、耳だけに寄生する「ミミヒゼンダニ」というのもいます。
これは「耳疥癬」「耳ダニ」とも呼ばれます。

どれも、すでに寄生されている猫からの接触により感染します。
感染した猫に知らず知らずのうちに人間が接してしまい、それを家に持ち帰って、飼い猫にうつる、という例もあります。

疥癬の症状

<主な症状>
・激しいかゆみ
・ぽつぽつと発疹が起こる
・フケがたくさん出る
・時には血が出たりかさぶたも
・食欲がなくなる
・元気がなくなる
・脱毛
・黒い耳垢が出る




猫の皮膚病の中で最もかゆい

疥癬は猫の皮膚病の中でもっっともかゆい病気です。
ケンちゃんも意識朦朧とするくらい掻いてましたから・・・

ヒゼンダニは、皮膚の上で数週間生き続けます。
そのことで、皮膚にはひどい炎症反応が起きます。

炎症反応が起こると、免疫作用が働いてなんとか異物を取り除こうとしますが、周辺の神経も刺激してしまうことから、ひどいかゆみが起きてしまうのです。

\疥癬の時の写真、撮ってなかったにゃ。かゆかったにゃ/

猫 白黒 ハチワレ ケン かわいい

夏場は悪化が早い

ヒゼンダニは体温が上がると動きが活発になりますので、症状がどんどん悪化します。
うちの猫がえらいことになったのも、そういえば夏だったのです・・・

夏場はかゆみがどんどんひどくなるため、本当につらい・・・
それに伴い元気もなくなり、食欲もなくなります。



疥癬の治療

ダニを駆除する薬を使う

まず、顕微鏡を使って、疥癬かどうかの判断をします。

間違いなく疥癬だということがわかれば、ダニ駆除剤を使って治療します。
皮膚がただれている場合は化膿を止めるために抗生物質を使うことも。

状態により、薬用シャンプーも併用します。

これらを、ヒゼンダニが死滅するまで行います。

うちは定期的にダニを殺す注射をしてもらいに通院して、抗生剤を家で飲ませたりして、確か一ヶ月くらいかかったと記憶しています・・・

また、ノミダニの駆除剤として有名な「レボリューション6%」も疥癬に効くようです。
「レボリューション6%」は動物病院で販売されています。

おすすめシャンプー

【動物用医薬部外品】 フジタ製薬 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー 200g

→楽天
→Amazon




製造中止になってしまったムトウハップ

以前はね。。。六一〇(ムトウ)ハップという液体があり、これが疥癬に効く!と評判でした。当時、私も買いました。

「六一〇(ムトウ)ハップ」はイオウ、生石灰、カゼイン、硫化カリウムを浄水に過熱溶解し、ろ過した医薬品の入浴剤。
疲労改善、アトピーや皮膚病にも効果があり、愛用していた人も多かったようです。
今は、製造中止したそうで手に入らないので残念です。

(六一〇ハップを他の薬剤と混ぜたら有害物質が出て、それを使っての自殺が増えたからだそう)

多頭飼いの場合は隔離

疥癬は猫同士には容易にうつりますし、どんどん卵を産んで増えますので、絶対隔離が必要です。
また、部屋の掃除・消毒も念入りに・・・

\2007年頃の写真にゃ。やっぱ画質粗いにゃね/

猫 白黒 ハチワレ ケン かわいい

猫の疥癬は、人にもうつる?

人にもうつります。
ただ、猫からうつったヒゼンダニは、猫の体表でしか繁殖ができません。

猫から人にうつった場合は、卵を産むことはなく、増えませんが、そのダニが存在している限りはかゆみが続きます。

ヒゼンダニは三週間ほどは生きるので、結構長くかかりますね・・・
赤い発疹ができて、時には激しいかゆみが生じます。

早めに皮膚科にいき、飼い猫が疥癬症になったことを告げて診察を受けましょう。



疥癬の予防法

疥癬だけではなく他の病気も同様ですが、やはり室内飼いにすることですね。
接触感染で起こる病気というと、猫カビ、疥癬、寄生虫、ノミダニ、などなどたくさんありますので、外にいる猫との接触を断つことが最大の予防法です。

また、定期的にノミダニの駆除薬(レボリューションなど)を投与してあげることで、もしも人間が媒介して室内に持ち込んでしまったとしても発症しませんので安心です。

ケンちゃんは昔の猫にありがちな、外も行き来する飼い方だったので、疥癬に感染してしまいました・・・

やっぱり室内飼いが猫にとっても人にとっても安全!

\肉球にも黒ぶちが入ってるんにゃよ。おしゃれにゃ/

猫 白黒 ハチワレ ケン かわいい



まとめ

私が、猫の皮膚病で実際に悩まされたのは、ケンちゃんの疥癬と、ななちゃんの猫カビでした。

疥癬も猫カビも本当に気をもみましたね・・・

今回ご紹介した「疥癬」は、ほんっとうに心底かゆそうで、頭がもうろうとするくらいかゆそうで、かわいそうでした。
この時は誤診があったため、治療が長引いてしまいました( ;∀;)

もし、このような症状がありましたら、ぜひ信頼のおけるお医者さんで早めに受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする