猫イラストのゆるい描き方。肉球・しっぽ・寝てるところも描いてみよう

猫 簡単 かわいい イラスト

プロ直伝!!猫のイラストを簡単にかわいく描く方法。

(実は本業は画家なんです・・・)

第一弾は基本の「き」で、猫の輪郭から、どういうパーツを描けばいいかというところから、参考にするとよい漫画までご紹介しました。

見て頂いたでしょうか?

今回はその続編ということで、今までサイト内で描いてきたイラストをご紹介しながら、より多くの描き方を伝授します!




簡単な、猫の目の描き分け

ねこ かわいい 目 イラスト 手書き

猫の目についての記事内で使ったイラストです。

猫の目は明るい時と暗い時、照明や日光の当たり方で違います。

明るいところ、お昼は、黒目が細い。

暗いところ、夜は、黒目が丸い。

イラストで表現するのは簡単ですよね!

また、黒目を大きく描くと、より愛らしく、幼くなります。

ねこ かわいい 動画 画像

細く描くことで、びっくりした表情を作ることも。

猫 動画 かわいい きゅうり

これは、猫はきゅうりにびっくりするらしい、という記事を書いた時のイラスト。




猫のしっぽの表現

さて、しっぽも色々な動きをしますよね。

ピーンと立てたり

ねこ かわいい イラスト 手書き

少しカーブを描いたり

ねこ かわいい イラスト 手書き

イライラしている時はこれですね。笑

ねこ かわいい イラスト 手書き




時には、擬人化するのも楽しい

すこーし擬人化してみてもかわいいです。

こちらは、見ての通り卓球をしている猫のイラスト。

猫 動画 かわいい 卓球 おもしろい

猫特有のまぁるいお手手にラケットを持たせてみました。

スマッシュだってこのとおり。

猫 動画 かわいい 卓球 おもしろい

少し横向きの体勢で描いてます。

手に持つものを変えれば、色々な場面で応用がききます。

コップを持たせたり・・・鉛筆を持たせたり・・・自由にして下さいね!




胴体は基本、長めです

猫って、胴体がびよーーんと伸びたりして、結構長いんですよね。

それを表現したい時は・・

猫 動画 かわいい 卓球 おもしろい

気持ち長めに描く!

って当たり前でのことしか言わなくてすいません。笑

伸びをしているのも、こんな感じで。

ねこ かわいい イラスト 手書き

思った以上に長く描いても大丈夫。

かわいく仕上がりますよ!

もっとなが~くして、くねらせると同じのあの光景!

ねこ かわいい 伸び イラスト 手書き

なんとなく違う気もしますが、雰囲気が伝わればOK!!

簡単に、ハードル低めにいきましょう!




前から描くのに飽きたら、うしろから

では、次は後ろから見た感じを。

顔が振り返ってますよね。

ねこ かわいい 動画 画像

目線(黒目の向き)を、お尻がある方向に向けると、振り返ってる感じが出やすいです。

こちらは、先程紹介した、きゅうりの記事より

ねこ 動画 かわいい きゅうり

うしろにきゅうりが置いてあって「何これ?」って見ているイメージです。

こちらは、ごはんを食べようかな〜ってイラスト。

ねこ かわいい 動画

前から描くのに飽きてきたら、たまには後ろからもどうぞ。




丸みのある背中が、猫のチャームポイント

猫といえば、背中からおしりにかけてのカーブ・丸みが特徴でもありかわいいポイントでもあります。

背中が丸い人のことを「猫背」って表現するくらいですしね。

猫 動画 洗濯機 かわいい 癒し

伸びをして長ーいのよりも、こちらの丸みのある姿勢の方が描きやすいかな?

丸みがあるといえば、寝姿もそうですよね。

猫が丸くなって寝ているのは、とても象徴的。

猫 動画 かわいい ゴロゴロ イラスト 画像

手は結構、適当でいいと思う。

肝心なのは、いかに背中を丸くするか!

ねこ かわいい 動画

まる〜く、まる〜く。

猫 かわいい 簡単 イラスト




肉球もかわいいよね

はい、猫といえばプニプニの肉球じゃないですか?

猫 かわいい 動画 ハイタッチ

肉球だけを描くのもよし、猫と一緒に描くのもよしです。

このイラストは、ハイタッチの記事の時でした。

肉球はマークとしても秀逸。

猫 かわいい お手 動画

イラストのアクセントとして使ってみるのもオススメ。




まとめ

いかがでしたでしょうか?

第一弾に続いて、かわいい猫のイラスト、簡単な描き方についてでした。

猫ってとっても描きやすい動物なのですよ。

猫好きの方なら、普段猫をたくさん目にしていると思うので、少しコツをつかめばすぐ自分流の猫イラストが描けるようになると思います。

ぜひ、猫イラストをたくさん描いて楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする