猫が吐く理由は?餌、胃液、毛玉・・病気かそうでないかの判断は?

猫が吐いてしまった時って、びっくりしますし、心配になったりしますよね?
どこか悪くしているのかな?体調どうかな?って思う飼い主さんも多いと思います。

今回は、「猫が吐いたらどうしたらいい?」「病気かそうでないかの見極めは?ということについてまとめていきます。

猫 吐く 理由 原因 餌 液体 病院 元気

猫が吐いた!見るべきポイントは?

吐く頻度

猫が吐いたのは一回だけなのか?それとも、何度もなのか。

また、どういうペースなのかもありますよね。
毎日なのか、一週間に一度なのか、数か月に一度なのか、など。

毎日のように吐いているのなら、それは体の異常があるかもしれませんし、食事が取れていない・脱水になる・・などの可能性もあります。

すぐに受診した方がいいです。




また、頻繁に吐くしぐさを見せるケースのひとつに、食べ物以外の異物を飲み込んでしまって、それを吐こうとしているのですが吐けない、ということもあります。

何を飲み込んだのかにもよりますが、そのまま異物が腸をふさいでしまうと、腸閉塞になることもあり、生死にかかわりますので、なんだかずっと吐くしぐさをしておかしいな?と思ったら病院へ。

やはり、このペースはちょっと異常だな・・おかしいな・・と飼い主さんが思うのであれば、一度獣医さんに相談するのが一番いいです。

逆に、たまに吐くことがあるけど元気猫 アイコン 調子は変わらない猫 アイコン

ということであれば、様子見でいいと思います。

猫 吐く 理由 原因 餌 液体 病院 元気

吐いたものの状態

毛玉を吐いた場合

猫は体が正常であっても吐くことがあります。

吐いたものが「毛玉」の場合は、毛づくろいした毛を排出しています。
個体差があり、便と一緒に出す子もしれば、吐いて出す子もいます。
猫草を食べて、毛玉を吐く子も多いです。

とは言え、あまり頻繁に吐くようなら、要注意。

毛玉を便と一緒に排出するのを助けてくれるフードもありますので、それを食べさせてみたり、病院で相談してみましょう。

ロイヤルカナン FCN ヘアボール ケア 毛玉が気になる成猫用

アイムス (IAMS) キャットフード 成猫用 毛玉ケア チキン

→Amazonで毛玉ケアのフード一覧を見てみる




猫草や植物を吐いた場合

猫によるのですが、草や葉っぱを食べたがる子がいます。(逆に、全然欲しがらない子もいます)

後からそれを吐いているので、どうやら毛玉を吐いたり、何か吐きたい時に食べたり、また便秘解消のため?ただ単に好きだから?と諸説あるのですが、とにかく草を食べて吐く猫は多いです。

野良猫ちゃんなら外に生えている草を食べたらいいのですが、家猫のために「猫草」という商品も売られています。

柔らかい葉っぱの観葉植物ならかじられちゃって、植物がかわいそうな姿になることもありますね。笑

なので、猫草を食べている子はちょくちょく吐いていると思います。
元気そうでいつもどおりなら問題はありません。

→Amazonで猫草を見てみる

猫 吐く 理由 原因 餌 液体 病院 元気

餌をそのまま吐いた場合・半消化の状態で吐いた場合

食べた餌の形状を残したまま吐いてしまった・・というのもありますよね。

急いで食べてしまったり、大食いした時に、胃から逆流してしまうことがあります。
うちのゆきちゃんも、たまーにこのパターンがあります。笑

猫はフードを噛まずに丸飲みする子が多いので、食べて比較的すぐに吐いてしまうと、ドライフードの形のまま吐いちゃったりします。

吐いた後、ケロっとしてまたごはんを食べようとしたり、元気そうなら問題ありません。
しばらく様子を見ていて、元気がなかったり具合が悪そうなら病院へ。

よく吐くのであれば、消化器官が弱っている、ということも考えられます。

吐いた餌の形状が、半分消化されている、かなり消化されている・・という場合は、消化のされ具合で、胃や十二指腸の異常が疑われます。

猫 吐く 理由 原因 餌 液体 病院 元気




液体を吐いた場合

透明な液体

空腹時の胃酸過多、胃からの逆流によっておこっていることが多いです。

直前に飲んだ水や胃液を吐いています。
頻繁に起こると脱水になる可能性も。

原因はストレスだったりすることも・・
すぐに収まっていつもどおりに元気なら心配はいりませんが、続くようなら受診しましょう。

黄色い液体

あまりに空腹になった時に、黄色い液体を吐くことがあるようです。

この場合は食事の頻度を見直し、空腹にならないようにすると吐かなくなるかもしれません。

その他に肝臓や腎臓の異常で黄色い液体を吐くこともあるので、元気がなかったり、症状が続くようなら病院へ。

緑色の液体

膵臓の異常が考えられます。液体だけでなく泡を吐くこともあります。

また、異物を飲み込んでしまった場合に、胆汁が大量に分泌されて緑色の液体を吐き出すことがあります。

腸閉塞の可能性もでてきますので、即病院へ!

ピンク色~赤の液体

口の中の出血、胃や腸からの出血が疑われます。

胃腸・十二指腸の炎症があることもありますし、肺のトラブルであることも。。

赤黒い液体の場合は、重篤な病気になっている可能性が高いので、すぐに病院へ運びましょう。




寄生虫を吐いた場合

吐いたものの中に寄生虫を発見したら、便の中にも寄生虫がいることが考えられるので、便も見てみましょう。

多頭飼いの場合は、他の子にもうつるので、同様にチェックが必要。

飲み薬で寄生虫を排除することができますので、病院に受診してください。

吐いた後の体調は?

前に書いたとおり、猫は普段から吐くことが珍しくない動物です。

なので、これが普通のことなのか緊急事態なのかは、「元気かどうか?」というのがポイントのひとつです。

時々毛玉を吐くけど、吐いたあとはケロとしている。
たまに大食いして餌をそのまま吐いちゃうけど、吐いた直後から元気。

ということであれば、普段の状態なのだと思います。
しかし、そうでなければ体のどこかの異常が現れているのかも・・

「吐く」以外にも

・元気がない
・下痢をしている
・便秘が続いている
・おしっこが出ていない
・食欲がない
・ふらついている
・暗いところに隠れようとする
・痩せてきた
・目がくぼんできたり、目の瞬膜が出てきている
・咳をしている
・よだれが出ている

といった様子が見られるのであれば、心配なので、病院に受診してください。

猫 吐く 理由 原因 餌 液体 病院 元気




猫が吐く原因は何?

ストレス

猫は環境の変化でストレスを感じやすい動物です。
徐々に落ち着いていけばいいのですが、同居猫と合わないなど、ストレスの原因は色々です。
ストレスが原因で、嘔吐や下痢をしてしまうこともあります。

毛玉を吐きたい

前述のとおり、猫は毛づくろいの時に毛を食べてしまうので、毛の固まりを吐きます。

便から出せるので、全く吐かない子もいます。
毛玉ケア・毛玉コントロールのフードを食べさせてみるのもいいですし、毛玉を吐く習慣があっても、元気そうなら心配はいらないと思います。

一般的には長毛猫の方が毛の量が多いので、吐く猫が多いと言われていますが、短毛猫でも吐きますし、個体差があります。

アイムス (IAMS) キャットフード 成猫用 毛玉ケア チキン

→Amazonで毛玉ケアのフード一覧を見てみる




フードが合っていない

実はアレルギーがあるなど、体質に合わないフードを食べているのが理由で吐いてしまう猫もいます。

何のアレルギーなのかは特定するのが難しいですが、
いくつかのフードを試してみて、様子を見ると、「これが合わなさそう」というのがわかることもありますよ。

よく聞くのはグルテンアレルギーでしょうか。
グルテンフリーのフードも売っていますので試してみるのもいいですね。

他にもその子特有のアレルギーがあるかもしれないので、反応を見てましょう。

モンプチ キャットフード バッグ ナチュラル グレインフリー 厳選チキン

→Amazonでグルテンフリーのフードを色々見てみる

早食い・大食い

猫はフードの丸飲みをする傾向があり、あまり噛んでいない子が多いです。

ドライフードの場合もあまり噛んでいなかったりで、とりあえずそのまんま胃に流し込まれいます。

がつがつと急いで食べたり、大食いをしちゃったりしたときに、胃がびっくりして吐き出してしまうことがあります。

その後、ケロっとしていて元気そうなら問題ありません。

猫 吐く 理由 原因 餌 液体 病院 元気

病気のため

前述のとおり、吐いたものが何であるか、吐いた液体の色がどうか、ということで病気のために嘔吐していることがわかります。

基本的には、嘔吐した後に元気がない、嘔吐以外にも下痢や便秘などの体調の異常がある、吐く頻度があまりに多い、ということからわかります。

ちょっとおかしいな?と飼い主さんが思われるのであれば、即病院で診てもらうのをオススメします。




食べ物以外のものを誤飲した

間違って、落ちているものを食べてしまった、飲み込んでしまった場合に、吐き出そうとしていることもあります。

吐き出さればいいのですが、出せなくて吐くしぐさを繰り返しているのであれば、早めに病院で受診したいです。

食べたものが何かにもよりますが、取り出すのに手術を要することもありますので、要注意です。

子猫の場合は早めに病院へ

成猫の一般的なパターンを色々と書いてきましたが、子猫がよく吐く場合はすぐに病院へ。

子猫はまだか弱い存在なので、頻繁に吐くことがあると、低血糖になったり、脱水になりやすいです。

様子を見ているよりは、病院で相談することをオススメします。

猫 吐く 理由 原因 餌 液体 病院 元気




まとめ

今回は、猫が吐いた時に見るべきポイントや、行動についてまとめてみました。
いかがでしたでしょうか?

猫が吐くことは、一般的なことでもあるのですが、その内容にもよります。

病気で苦しんでいるかもしれませんので、飼い主さんがおかしいなと思われたら病院でご相談下さいね。

何かご参考になりましたら幸いです。