猫草の効果は?食べ過ぎはいけない?いつから必要?猫草アレルギーの猫もいる。

「猫草」ってご存知でしょうか。

猫を飼っている人なら一度は聞いたことがある名前・・・

これは、猫が好んで食べる草の総称です。主に燕麦(エンバク)や小麦・大麦などのイネ科の若草だそうで、「猫草」という種類の植物があるわけではないのです。

今回は、なぜ猫草を食べるのか、必要なのか、入手方法、などまとめてみました。

\観葉植物とやら、ゆらゆら揺れているのが遊ぶのに最適なのにゃ/

かわいい 猫




猫はなぜ猫草を食べるのか

毛玉を吐くため

これは諸説あるのですが、一番スタンダードな理由は皆さんご存知かと。

毛玉を吐くため、です。

猫はよく毛づくろいをする動物です。毛づくろいをする姿って飼い主側も、見ていてとっても癒されます。

一生懸命ぞーりぞーりとしていると、猫って清潔感あるなぁと感心してしまいます。

こうしてなめた「毛」はどこに行くのか?というと、胃ですよね。胃に入った毛が毛玉となると腸に詰まってしまう・・・それを防ぐために、猫草を摂取して胃を刺激し、自ら吐いている。

これが一番よく言われている理由なんじゃないでしょうか。

便秘予防・改善だという説

猫草には食物繊維が含まれているため、便秘予防や便秘改善に役立っている、という説です。

これは、キャットフードが進化した現代では、フードから摂取できるため、必要性はないかもしれません。

猫の便秘の原因は、穀物の摂り過ぎ、キャットフードの品質が悪い、水分不足、運動不足、など色々考えられます。
便秘の改善には、猫草よりもこのようなことを疑った方がよいかもしれません。

嗜好品で食感を楽しんでいる説

猫草が好きな猫、というのが存在し、逆に全く食べない猫もいます。

ビタミン・ミネラル補給説

猫草には葉酸が含まれているためビタミン・ミネラルの補給をしているという説。

こちらも、キャットフードが進化しているため、フードからの摂取が可能です。適切にキャットフードを食べていれば、葉酸不足になることはないかと。

\猫草はぼくはまだ未体験なんだにゃ/

猫 かわいい




猫草は必要?食べる猫と食べない猫がいる。

猫草は、必要なのかというと、全員に必要ではないです。

食べても食べなくてもOK。

食べる猫と食べない猫がいますし、効果が出る出ないも個体差があります。

猫草大好きでも、食べすぎに注意

食べ過ぎには注意しましょう。

癖になって食べ続けてしまう猫もいます。

様子を見て、よく食べているようなら、与え方を考えた方がいいです。

「毎日与えないようにする」「おやつとして与える」など対策が必要です。

子猫にはいつから?

キャットフードの進化により、便秘予防改善や毛玉の排出もフードでケアできます。そのため、猫に猫草が必須、ということはありません。

したがって、子猫に与える必要はありません。子猫に与えると消化不良を起こして嘔吐や下痢をする可能性もあります。

もし与える場合は生後半年~一年経ってからにしましょう。




猫草の入手方法

猫草は、生えた状態で、100円~300円くらいで売っています。

種も売っていて育てることもできます。

枯れていたり変色が見られるような状態ではなく、必ず新鮮なものをあげるようにしましょう。

 

定番で大人気の無印良品の猫草もあります!

\なんでも新鮮なものがいいに決まってるにゃ/

猫 かわいい

猫草アレルギーの猫もいる。

猫草のアレルギーを持った猫もいます。

猫草=イネ科ということで、イネ科のアレルギーがあるということですね。

イネ科といっても色々あるので、お米は大丈夫でも大麦だけアレルギー数値が高かったり、食物の状態でアレルギーがなくても草の状態だとアレルギーがある、という結果が出ること。

アレルギー検査は病院でできますので、猫草を食べたあとの猫の状態を観察していて、皮膚炎・かゆみ・下痢などの症状が起こる場合、「あれ?もしかして?」と思ったら検査してみてもいいかと思います。

食べてはいけない、有毒な植物の名前を知って、対策をしましょう。

猫草は、猫が食べてもいい植物です。

しかし、世の中には猫が食べてはいけない植物もありますので、紹介しておきます。

ユリ科の植物全般(ユリ、チューリップ、ヒヤシンス)は猫にとって特に有毒な成分が多く含まれており、非常に危険です。
猫が中毒を起こした例もありますので、観賞用に生け花にしていたり、育てたりいる人は猫が触れないところに設置するよう注意が必要です。

あとは、スイセン、パンジー、シクラメン、アロエなどの多肉植物、アジサイ、ツツジなども有害です。

観葉植物では、ポトス、アグラオネマ、セローム、フィドルリーフ、ブラッサイア属、カラジウム、ディフェンバキア、ヒメカズラ、スパティフィラムなどが有害であるとされています。

万が一、食べてしまって、嘔吐・下痢・けいれん・呼吸困難など、中毒症状が出たらすぐに病院に行きましょう。




人間にとって癒しのグリーンも、猫にとっては危険なこともありますので、注意が必要です。

うちも猫が来るまでは観葉植物を家のあちこちに置いていたのですが、今は避難させているものもあります。

「この植物は安全なのかなぁ?」と不安であれば、むしろ置かない方がいいのかもしれないです。

まとめ

猫って植物にも興味を示したりしますよね。でも、実際に自分から食べてしまう草って割と少ないです、うちの場合は。(子猫で観葉植物にじゃれついたり噛みついたりすることはあります。汗)

でも、猫によっては草を好んで食べる子もいるようなので個体差がありますね。

キャットフードの質が良くなっていますので、猫草は食べても食べなくても良いということで、好む子には適切な量をあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする