猫の自動給餌器のおすすめ*カメラ付き?ウェットフード用?あなたはどれにする?

猫に自動で餌をやってくれる「自動給餌器」ってご存じでしょうか。

仕事にいっている間、猫だけになってしまうお宅や、一泊旅行くらいならこちらで対応できるのではないでしょうか。

また、起床前の早朝や、必ず決まった時間に餌をやりたいという方にもおすすめです。

今回は猫の自動給餌器について調べてみました。

猫 自動給餌器

自動給餌器って何?

自動給餌器とは、その名のとおり自動で餌をやってくれる装置のこと。

時間指定ができるようになっていて、決まった時間になったら、容器の中に入っている猫の餌を一定量出してくれるのです。

人間がやっていると、多めの量をあげてしまったり、時間がまちまちになってしまうこともあります。

自動で機械があげてくれるので、そういった偏りがなくなるため、ダイエット中や療養中の猫ちゃんにも良さそうです。

自動給餌器単体のものと、水を自動で補充してくれる「自動給水器」とセットになっているものがあります。

今回は、自動給餌器のみの商品をご紹介しますね。




ストッカータイプとトレイタイプがある

☆ストッカータイプは、ドライフードの給餌に適したものです。

たくさんの量をストックできます。

設定された時間になったら、ストックしているフードを一定量、外側のトレイに押し出してくれます。

☆トレイタイプは、トレイに入れておいた餌が、時間になると蓋が開いて食べれるタイプ。

ドライフードだけでなく、ウェットフードでも使える機種も多いです。

高齢の猫ちゃんや、ウェットフードの方が食いつきがいい子にはこちら(ウェットフード可のもの)がおすすめです。

ウェットフードの場合は、涼しい時期はいいですが、夏場の暑い時期はエアコンのよくきいた部屋におく・直射日光の当たらない場所に置くなど、工夫が必要です。

掃除のしやすいものを選ぶ

毎日のごはんを入れるものなので、ちゃんと洗えるもの、掃除のしやすいものがおすすめです。
餌を入れる部分が取り外せて丸洗いできるものが一番良いですね。

ちゃんと掃除しておかないとカビが生えたり不潔になってりすることがあり、猫の体調にも関係してきます。

取り出せない製品の場合は、ウェットシートで時々拭いて乾かす、といったお手入れをしましょう。

\お手入れって、大切にゃねー/
猫 自動給餌器



回数や量、時間の設定ができるものがおすすめ

ストック型の機種に時々あることですが、受け皿の餌が減ったらその分を延々と補給していく単純なつくりのものがあります。

それだと、餌がずっとある状態になるため、肥満になりかねません。

自動給餌器には、回数や量の設定、時間の設定ができる機種もたくさんあります。

できればそういう機種を選びましょう。

カメラや音声機能がついたものもある

自動で餌をやる機能に加えて、カメラがついていて猫の様子を見守れる機種や、更に声で呼びかけることができるものがあります。(機種により、録音の場合とリアルタイムでできる場合とあります)

びっくりですよね!

自分の留守中にどうしてるかな~ちゃんとご飯食べてるかな~という時に様子を見れますし、声で呼びかけてあげれば猫も安心するかもしれませんね。

録画したり、写真を撮ったりできるものもあるので、色々楽しいですね!

\誰もいないのに撮影なんてドキドキにゃ/
猫 自動給餌器

ストッカータイプのおすすめ自動給餌器

ごはんでるでる君

→Amazonで見てみる
→楽天で見てみる

名前のインパクトがすごい「ごはんでるでる君」
(それを一番に思ってしまいましたw)

ペット用品って、日本製よりも海外製が多いので、日本正規品はまだまだ数が少ない印象を持っています。
調べてみると、自動給餌器は日本の商品も徐々に増えてきているようですね。

・タンク容量 2.8L
・本体重量 1.9kg

・サイズ
本体サイズ:幅22×奥行22×高さ28cm
(※トレーを引き出した状態での奥行の長さ:34cm)
トレー:幅13×奥行16.5×高さ3cm

・電源 ACアダプター付き
・価格 Amazon・楽天(9,350円)

<ドライフード専用>

ウェットフードは入れれません。

<タイマー機能あり、量の調整可>

・給餌タイマー 1日最大6回

・給餌量
5グラム単位で8段階(5~40g)まで給餌可能(多少の誤差あり)
1回最大給餌量:約5g~約40g

細かく設定できるので、少量づつ分けて与えられますね。
肥満気味でご飯の量をコントロールしたい場合にも使いやすそうです。

<音声録音あり>

・ボイス録音時間 最大10秒

音声録音ができるので、あなたの声で猫ちゃんにごはんの時間を知らせることができます。

<お皿は丸洗い可・中身は外せない>

・お皿の部分は取り外して丸洗いができます。(ストッカー内はできないようなので、時々拭いてきれいにしましょう)

<12か月の保障がついています>
無償で一年間の保証が受けられます。
困った時にLINEやメール、電話でのサポートが受けれます。

☆Amazonの口コミ

・今までほぼ毎日朝早くにご飯理由に起こしてくるのが続いてたけど、この自動餌やり機を使い出してからは起こされなくなった。特に機械から出ることには警戒もなく、喜んで走っていって食べてくれてるので購入して良かったです。
・設定にははじめ手間取ったが、一度一通り触るとすぐ理解できた。録音機能は、呼び鈴の音もしっかり拾ってくれていた。結構大きめな音で再生してくれるので絶対聞こえる安心感がある
・臭いが漏れないので餌の出口に手を突っ込むことなくて助かります。とてもいい商品なんですが、コンセントしかなく停電時は困ってしまうなって思います。

→全文はこちらから




チャオポリス

→楽天で見てみる

・本体サイズ 205×205×295mm、重量 1926g
・トレイサイズ 170×190×55mm、重量 220g
・タンクの容量 6L
・電源 USBケーブル・USB-ACアダプター付き
・価格 楽天(14,780円)

<ドライフード専用>
ウェットフードは対応していません。

<タンク・トレイ共に取り外して洗えます>

タンクとトレイはどちらも取り外して丸洗い可能!
清潔に保てていいですね。

<見守りカメラ付き・会話もできる>
見守りカメラがついているので、ペットの様子を外出先から確認できます。
会話もできます。

暗視モード搭載で、暗くてもしっかり映ります。

<タイマー設定・量の調整・遠隔操作も可能>

1回の餌の量・・10g〜100gの範囲で設定が可能

タイマーやえさやりなどの遠隔操作ができます。
(あらかじめタイマーを設定していなくても、外出先から手動での餌やりができます)

専用のアプリを使うことで、曜日別・えさの量・時間帯を設定できます。
なんと最大30パターンの設定が可能。

☆楽天の口コミ

・タイマーでの給餌の時間も正確でしたし、出てきた餌を測ってみたところほぼ合っていたので問題ないと思います。
・電源アダプタが入ってないので、iPadのアダプタを使用してますが…USBケーブルが長くて、纏めても、猫ちゃんが悪戯しまくり(笑)普通の電源タップだったら良かったらなと
・暗視モードのカメラ機能が素晴らしいです。夜間時のペットを確認できるのは良い機能ですね。
・乾燥剤ボックス、SDカード記録や、アプリ操作のみではなく、本体から直接給餌などが可能などの機能がでの値段はお得だと思います。デザインもスタイリッシュで良いと思います

→全文はこちらから

Iseebiz

→Amazonで見てみる

・フードバケット容量 5L
・本体サイズ 幅21㎝奥行35㎝×高さ36㎝
・電源  電池・ACアダプターどちらも使用可
・価格 Amazon(14,800円)

<ドライフード専用>
ウェットフードは使えません。

<タイマー設定・量の調整可能>
・給餌回数:1-6回/日
毎日最大6回まで設定可能。

・毎回の給餌量:5-100g
5グラム単位で20段階まで量が変えれます。


<フードタンク、トレイ、取り外して洗えます>

4つのパーツに分解してお手入れができますので清潔に保つことができます。

猫 自動給餌器

<カメラ・スピーカー付き・遠隔操作/録音も可>
アプリを使えば、外出先から猫たちの様子をみることができます。
呼びかけることで、スピーカーから声が出ます。

10秒まで声の録音ができるので、給餌のたびに飼い主の声を流すこともできます。

猫 自動給餌器

☆Amazonの口コミ

・これは本当に便利です♪朝、昼、夕、夜と時間、かなり細かく設定が出来て1日位放置でも全然大丈夫です!
・アプリに日本語表記が欲しいです
・留守の時、とても安心です。少し高くつきましたが、カメラ付を買ってよかったです。
・もうちょっと食べてるとこがよく見えたらよかった

→全文はこちらから




トレイタイプ

山佐時計計器 わんにゃんぐるめ(2食分・ウェット可)

→Amazonで見てみる
→楽天で見てみる

かなりシンプルなつくりの自動給餌器。
もうすでに何年も使っている、という方も多い製品です。

サイズ : 幅270×高さ89×奥行き250mm
重量 : 約1.65kg(電池、フードクーラーを含む)
タンク容量 : 約160g×2食分
電源 : 単三マンガン乾電池×1
価格: Amazon(5,373円)楽天(6,069~13,648円)

<タイマー設定・量の調整ができる>
ふたつのトレイはそれぞれ最大48時間まで設定可能
1食分でドライフード最大約160gセット可能

<ドライフード・ウェットフード可>
ドライフードだけでなく、ウェットフードもOK!

<トレイの取り外しができ、洗えます>
トレイは取り外しできるので水洗いできます。

<フードクーラー付き>
セットしたフードが腐らないように、冷蔵庫で冷やした専用フードクーラーを設置できるようになっています。
猫 自動給餌器

☆Amazonの口コミ

・洗いやすいしシンプルで良い。大きさも弁当箱2つ分くらい。一台目のは4~5年たっているが問題ない。
・どこか旅行とかではなく、日常的に使うなら、すごく便利です。しかもゲージの中では結構使い勝手がいいですよ。
・シャッターの開く音は確かに大きいです。ビビリの猫が警戒していたので、最初は起きている時間に餌皿として使用させたりして慣らしていき、そのうち段々と夜中も問題なく使ってくれるようになりました。
・タイマーセットすると、若干の時間の誤差が生じます。例えば、6時間30分後にセットしても、5時間30分後とか、6時間後とか、早めに開いてしまう時があります。

→全文はこちらから

ベストアンサー

→Amazonで見てみる

→楽天で見てみる

ペット用の自動給餌器としては、かなり安価な商品。
リーズナブルなものをお探しの方によさそうです。

外形寸法:(約)幅32×奥行32×高さ9cm
重量:(約)1.3kg(電池含まず)
電源:単2型乾電池4本使用(別売)
価格:Amazon(4,580円)楽天(3,580円)

<ドライフード専用>
ウェットフードは入れれません。

<タイマー設定・量の調整ができる>

最大6回までタイマーが設定できます。

お好きな量をセットできます。
ボウル1つの容量は240ml(約150g)なので、それ以下の量なら好きに入れられます。

<音声録音ができる>
6秒の音声録音ができます。
この価格で録音もできるんですね!すごーい。

<商品のふたやトレイは取り外して洗えます>
内部も清潔に保てるのでいいですね!

動画での説明はこちら!

☆Amazonの口コミ

・猫用に使用していますが、太りすぎだった方の猫の分の食事の量を少なめにして使用していたら、無理なく減量でき、かかりつけのお医者さんにも褒められました。
・安いのに、6タイマーもついていて便利!!ただ、本体が大きい。。。。
・マイクの感度がよくないのかかなり近づけて録音しても音が小さいのでもう少し大きくてもよかったかなと思います。トータル的には満足しています。
・商品も問題なかったです。音も静かです。難を言えば説明書の内容がかなり薄かった。

→全文はこちらから




WAGWAG(ウェットフード可)

→Amazonで見てみる
→楽天で見てみる

本体サイズ 30.5×33.5×8cm(L×W×H)
電源 ACアダプタ付属・乾電池もOK(別売)
価格 Amazon・楽天(6,990円)

<タイマー設定・量の調整可>
最大4回の予約ができます。

お好きな量をトレイに入れられます。
最大5食分のごはんを設置できます。

<ドライフード・ウェットフード可>
ドライフードだけでなく、ウェットフードもOK!

<録音機能あり>
10秒の音声録音ができ、ごはんを出す時に流すことができます。


<トレイの取り外しができ、洗えます>

トレイは取り外しできるので水洗いできます!清潔!

☆Amazonの口コミ

・蓋を開けるのが固いので、いつか壊しそう。声の録音は、再生音量がかなり小さい。ただ、それ以外は概ね満足してます。
・昼夕に使う時があるので、自動でトレイが動くとトレイもキレイで良いかなと思い購入しました。音も静かで重宝しています。
・老猫なので、ウェット対応がうれしい。でも涼しい季節は使えますが、夏場は保冷剤が入らないので厳しい。

→全文はこちらから

JUNSPOW(ウェットフード可)

→Amazonで見てみる
→楽天で見てみる

・外形寸法 (約)31.5 x 33 x 7 cm
・重量 1.5kg
・タンク容量 (約)2L給餌量 (約)最大320ml×6
・電源  単2形乾電池×4本(別売)
・価格 Amazon(5,880円)楽天(8,462~11,760円)

<タイマー設定・量の調整可>
最大6食分セットできます。
ひとつのトレイは最大で約320mlのフードを入れることができます。

<ドライフード・ウェットフード可>
ウェットフード・ドライフードどちらでもお使い頂けます。

<録音機能あり>
10秒の音声録音ができます。


<トレイの取り外しができ、洗えます>

トレイは取り出して丸洗い可能。

☆Amazonの口コミ

・区分けになっている箇所にドライフードを入れるだけ!一つの箇所にちょうど1食分入りタイマー機能により管理できるので便利でした。
・いつもの餌入れと違うので初めは戸惑っていましたが、遊びながらではありますが餌は食べてくれます。食べすぎ予防になるので外泊する機会が多い飼い主さんにはいいと思います。
・開いた箇所の隙間から餌の匂いが漏れてきますがボタンを押さないと蓋が開かないので猫が開けるのはほぼ無理だと思います。ビクともしないので食欲旺盛なうちの猫でも終いに諦めます。
・時間設定ができ、決まった時間に餌を与えることが出来るのは良いが、設定が少々分かりづらい。

→全文はこちらから




まとめと、初期不良のこと

ペット用自動給餌器の商品をご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?
比べるのもおもしろかったですね・・

ちょっと気になったのが、どの商品の口コミにも「初期不良があった」という内容が数件書かれていること。
初期不良、ありがちなのでしょうかね。

まぁどんな電子機器にも起こりえることですし、問題なく使える方ももちろん多数いらっしゃるので、確率の問題なのでしょうか・・

ただ、「初期不良があったけど新しいものに交換してもらえた」「アドバイスをもらって改善した」という口コミもあるので、半分は安心かな。

もし初期不良があった場合は、早めにメーカーに連絡して対応してもらいましょう。

\機械って、たいへんにゃんね~/
猫 自動給餌器