留守中の猫のお世話をしてくれるキャットシッターって?選び方は?

長期で、また定期的に家を空けなければならない時に、心配なのが猫のことですよね。

ペットホテルに預ける方法もありますが、その猫の性格によってはホテルにはとても預けられない・・・と考える方もいるかと思います。

私もいつ長期に家を空けることがあるかわからないので、キャットシッターについて調べてみました。

キャットシッター 選び方 大阪 猫 トラブル

キャットシッターさんがしてくれること

不在時に合鍵でおうちに入って、食事・トイレのお世話・健康チェック・遊び・ブラッシング・・・といった猫のお世話全般をしてくれます。

プラスして、郵便受けの郵便物を中に入れておいてくれたり、観葉植物のお世話、一緒に飼っている他の動物のお世話、をついでにやってくれることもあるようです。

また、メールやLINEなどで毎日の状況報告をしてくれるところが大半です。




当日までの流れ

急ぎでない場合を除き、絶対に打合せの日が設けられます。

シッターさんとの打合せの日の費用は無料~有料まで様々。

打合せで、猫の普段の生活のことや、投薬のあるなし、性格、餌や猫砂の場所がどこか、どの部屋で世話をするかということ、鍵の受け渡しについてなどなど、話し合いの場が持たれます。
猫との対面もこのときに。

猫との相性も見た上で、お話の末、契約するかどうかを決めます。

契約することが決まれば、お支払い、鍵の受け渡し、と進んでいきます。

\いろんな職業があるのにゃねー/

キャットシッター 選び方 大阪 猫 トラブル

料金はどれくらい?

・基本料金
・頭数による追加料金
・交通費

基本的な料金は、だいたい3000円前後(1回)です。
一回の滞在時間は45分~60分くらい。

5匹まで同じ料金、というところや、
猫の頭数により1匹単位で料金が加算される場合もあります。

交通費は込みのところ、別途徴収のところ、など様々。

また、時期によっては

・繁忙期料金(ゴールデンウイーク・お盆・年末年始といったん連休の時)
・緊急料金(前日~三日前の申込)
・延長料金

以上の費用がかかります。

リピーターになると、割引きがあるところがほとんど。
定期的に利用するのであれば、少しお安くなりますね。




利用条件はある?

猫の条件として

・避妊、去勢の手術が終わっていること
・ノミ駆除薬のお薬が済んでいること
・3種混合ワクチン接種済みであること

※全てのところがこの条件を設けているのかわかりませんので、これらが終わっていなくても見てくれるところはあるのかもしれません。

またシッターさん側がお断りする例として

・極端に凶暴な猫の場合(シッターさんに危険が及ぶレベル)
・点滴や皮下注射が必要であること(医療行為なのでできない)

また、それぞれお引き受けできるエリアが決まっていますので、そのエリア内に自分の家の住所が入っているかどうかはまずチェックしましょう。

\いろいろチェックにゃ/

キャットシッター 選び方 大阪 猫 トラブル

トラブル回避のためにできること

シッターさんのことはもちろん信用して来てもらうのですが、だとしても他人が家の中に入るということで、依頼者側がしておく方がいいことを挙げてみます。

・貴重品の管理(必須)

シッターさんの立ち入らない部屋の、鍵のかかったところに入れておく。
というのが一番いいのではないでしょうか。

・留守番用のカメラを設置する(気になる方は)

最近は留守番中のペットやお子様、高齢者の様子を外出先でチェックできるカメラが安価で販売されています。
気軽に設置できるので、そういったものを導入するのもよいかも。

貴重品の管理は必須ですが、カメラの設置はお好みで。
シッターさんが来ない時もペットの様子を見ることができるので、色々使えそうです!




大阪のキャットシッター斡旋業者

私が大阪在住なので、大阪府下のキャットシッター業者さんを集めてみました。
他都道府県については、お住まいの近くの業者さんを探してみて下さい。

猫のお留守番
エリア 大阪市

cocowalk.co
エリア 大阪市・北摂・北河内・東大阪・堺

キャットシッターねんねこ
エリア 東大阪市・大東市・八尾市・大阪市

キャットシッターしまねこ
エリア 大阪市

キャットシッターともねこ
エリア 箕面市・豊中市・吹田市・池田市

愛ペットの森
エリア 柏原市(遠方でもOK)

オンリートラスト東淀川店
エリア 大阪市

ペットシッターJuillet
エリア 堺市、高石市、泉大津市、和泉市

キャットシッター陽だまりママン
エリア 泉州地区

ペットシッター ココメル
エリア  高槻市 茨木市 箕面市 島本町 京都 大山崎町 亀岡市

などなど!
他にもたくさんの業者さんがこちらに載っていましたので、ご自身のエリアの業者さんを探してみて下さいね。

\シッターさんて楽しいのにゃ?/

キャットシッター 選び方 大阪 猫 トラブル

シッターさん選びのポイント

行政から認可されたシッターさんを選ぶ

「動物取扱業登録情報」というのがそれぞれのシッターさんのサイトに記載されています。
これは行政に届け出をしていて、認められた業者さんということの目安になります。

逆に書かれていないところは無認可の可能性があるので、避けましょう。

実際に対面してから決める

シッターさんとは最初に面談の機会が設けられますので、実際にお話してから決断するのがよいです。

初回面談には料金がかかるところも多いですが、安価なお値段ですので大丈夫です。

時間に余裕があるのであれば、シッターさんはじっくりと選びましょう。

会話することで、その人の価値観や考え方、経験値も、選ぶ参考になります。

ヒアリングシート(カルテ)を面談時に作成するところが大半なので、そういったものを作成しないシッターさんというのも、不安要素のひとつになります。

また、連絡してもつながらない、といった業者さんだと何かの時に困ります。

留守中に連絡した際にすぐに返してもらえるのか、返信の目安、連絡手段は何か(LINE・電話・メールなど)というのも確認しておきましょう。

契約書などの書類を交わす

お互いのために「契約書」もしくはそれに同等な書類は交わしておいた方がいいですし、だいたいのところはあると思います。

そういったもがなく、内容があいまいな場合は見送った方がよいでしょう。

まとめ

今回は留守中におうちに来てくれて、猫ちゃんのお世話をしてくれるキャットシッターさんについて書いてみました。

私は今のところ、長期の旅行の予定もないですし、仕事も在宅なので問題なしです。

でも、いつ必要になるかわからないので、色々調べてみました。

ご参考になれば幸いです!